Switch news

知っておきたい世界のニュース

トルコ・ギリシャでM7.0の地震、建物が倒壊し津波も発生【複数動画】

トルコ・ギリシャでM7.0の地震、建物が倒壊し津波も発生【複数動画】
Twitter/عاتکہ اسلم

エーゲ海沿岸で地震が起き、トルコやギリシャのさまざまな街で被害が拡大している。ネットには建物が倒壊する瞬間や、津波に街が襲われる様子が投稿されている。

 

現時点で19人死亡、700人がケガ

 

NHKによれば、10月30日の午後3時前(現地時間)、トルコとギリシャの間のエーゲ海を震源とするマグニチュード7.0の大きな地震が起きたという。(米地質調査所はM7.0、トルコ当局はM6.6、ギリシャ当局はM6.7と発表)

 

現時点で、トルコとギリシャで合わせて19人が死亡し、700人以上がけがをしたとされている。

 

トルコ災害緊急事態対策庁は、この地震で17人の死亡が確認され、700人以上がケガをしたと発表。震源に近いギリシャのサモス島でも建物の壁が壊れて10代の男女2人が死亡し、8人がけがをしたそうだ。

 

建物が倒壊、津波にも襲われる

 

特に被害が大きかったのは、トルコ西部沿岸のイズミル県で、すでにネット上にも建物が倒壊する様子や、街が津波に襲われる様子が投稿されている。

 

下は地震発生当時の部屋の様子。

 

建物が倒壊する瞬間の映像。

 

建物が倒壊した直後の混乱した街の様子。

 

町全体の地震当時の映像。

 

道路での状況。車が左右に激しく揺れている。

 

津波の引き潮でヨットなどが流されていく様子。トルコ、イズミル県。

 

津波が街の中を流れていく。

 

津波の様子。場所は不明。

 

ギリシャの街にも津波が押し寄せた。下は津波が去った後のサモス島の街、Vathyの様子。

 

下もギリシャのサモス島の被害状況。

 

NHKによれば、トルコではこれまでにも大きな被害が出る地震がたびたび起きており、1999年8月にはトルコ西部の都市、イズミットを震源とするマグニチュード7.4の大地震が起き、1万7000人以上が死亡、4万3000人余りがけがをしたという。(了)

 

出典元:NHK:エーゲ海を震源 M7.0の地震 トルコとギリシャで19人死亡(10/31)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top