Switch news

知っておきたい世界のニュース

誘拐された少女が車から「助けて」のハンド・サイン、通報により無事保護される

誘拐された少女が車から「助けて」のハンド・サイン、通報により無事保護される
flickr_Solen Feyissa

アメリカで誘拐されていた少女が、犯人に知られずにハンド・サインを送ったことで、無事保護された。

 

車の中で発見され、保護

 

誘拐されたのは、ノースカロライナ州で暮らす16歳の少女だ。

 

11月2日に、両親から警察に対し、少女の行方が分からなくなったとの通報が寄せられたという。

 

その2日後の11月4日、少女はケンタッキー州を走っていた車の中で発見され、無事保護された。

 

通り過ぎる車のドライバーにサインを送る

 

実は少女は当時、家庭内暴力の被害者のために考案された「助けが必要」というジェスチャーを使い、通り過ぎて行く車のドライバーたちに、ハンド・サインを送っていたという。

 

そのハンド・サインはTikTokでも紹介され広まっており、それを知っていたドライバーの一人が、少女のサインを見て、警察に通報。

 

4日の午後に、警察はケンタッキー州の高速道路付近を運転していたJames Herbert Brick(61歳)容疑者(61)を逮捕し、少女を救出した。

 

Facebook/Laurel County Sheriff’s Office

昨年、キャンペーンによりジェスチャーが広まる

 

少女の名前は公表されていない。彼女は警察に、ノースカロライナ州、テネシー州、ケンタッキー州、オハイオ州を旅したと話しているという。

 

またBrick容疑者は、ノースカロライナ州の街、チェロキーの出身だと言われている。

 

カナダ女性財団によると、この手のジェスチャーは、誰かが苦痛を感じているときに使える片手のサインで、被害者は手を挙げ、手のひらを広げ、親指を手の中に入れてから、指を閉じるという。

 

「助けるためのシグナル」と呼ばれるこのキャンペーンは、新型コロナのパンデミックによる初期のロックダウンが行われた2020年に、家庭内暴力の増加に対応しようと、ソーシャルメディアで広まったと言われている。

 

出典元:BBC:TikTok: Missing girl found after using viral call for help sign(11/8)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

ニュースレターの配信を始めました!

1日1回、新着ニュースをまとめて、メールでお送りしています。

形式など詳しいことは、こちらの「 ニュースレターについて 」をご覧ください。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

Return Top