Switch news

知っておきたい世界のニュース

これがあのマック?世界にある異色マクドナルド

これがあのマック?世界にある異色マクドナルド
Twitter/Goindown2Shambletown@Gentlemenhugs

米国メイン州のツイッターユーザーが、最近、地元にある風変わりなマクドナルドの写真を投稿した。「外観は葬儀場のようで、中は老人ホームのよう」なそのマックは、とてもあのマックとは思えない。

 

この投稿に触発されたツイッターユーザーは、自分たちの街にある異色のマックを投稿し始めた。こうして世界各地から寄せられたマックらしくないマック。その中から特に面白いものをピックアップしてご紹介しよう。

 

葬儀場風マック

 

最初の投稿は、メイン州の町フリーポートに住むsloppy wizardさんによるもの。「外観は葬儀場のようで、中は老人ホームのよう」とコメントされたその店には、派手な看板が出ていない。

 

 

これには理由があるそうだ。海外メディアによれば、フリーポートの町には景観や古い建造物を保護する条例があり、通常のマックの店舗だとそれに違反してしまうとのこと。マクドナルドから建物の使用許可を求められた町は、現状維持を条件にOKを出した。

 

写真の建物は、地元の富裕な商人であったWilliam Goreという人が1850年代に建てた私邸で、「Gore ハウス」と呼ばれている。sloppy wizardさんが「葬儀場のよう」と言う外観は、フリーポート歴史協会によれば「ギリシャ復興様式とイタリア風の建築様式が融合された」ものだそう。

 

Atlas Obscura

各地からの投稿

 

↑ フランス・パリ8区、サン・ラザール駅の近くに、こんなアンティークなマックがあるそう。てっぺんにあるロゴマークは黄色でなく白。

 

↑ ニュージーランドのタウポ市には、旅客機をそのまま店にしてしまったマックがあるという。

 

↑ オーストラリア・メルボルン市からは、アール・デコ風マックの写真。

 

↑ イギリス・ケンブリッジシャー州のマックを、投稿者は空飛ぶ円盤と呼ぶ。

 

↑ 米国アリゾナ州セドナ市にあるマックは、青いロゴマークを掲げている唯一の店舗らしい。

 

↑ ベルギーの観光都市・ブルッヘ(英語ではブルージュ/Bruges)からの投稿。道路に面した入り口に「McDonald’s」の白い文字が見える。

 

↑ 中国・杭州市のこのマックは、台湾の総統の邸宅だったそう。

 

↑ 元銀行の建物に入った威厳のあるマックは、ノルウェー・クリスチャンサン市からの投稿。

 

↑ 米国テキサス州プレイノ市には、シャンデリアつきの店舗があるらしい。窓に貼られたロゴマークでマックだと分かる。(了)

 

出典元:boredpanda:People Are Sharing The Strangest McDonald’s They’ve Ever Seen In Their Lives(5/12)

出典元:Atlas Obscura:Freeport McDonald’s

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top