Switch news

知っておきたい世界のニュース

スペインの山火事で列車に炎が迫る、逃げようとした乗客13人が負傷

スペインの山火事で列車に炎が迫る、逃げようとした乗客13人が負傷
Twitter/NoMePisesLaManguera

スペイン東部バレンシアの北西部で山火事が発生し、列車から逃げようとした乗客が負傷した。

 

48人の乗客を乗せた列車が停止

 

その事故が起きたのは8月16日、場所はバレンシア北西の町、ベヒス付近とされている。

 

その日、ベビス付近では山林火災が発生し、炎が猛烈な風によって巻き上げられ、数人の消防士も逃げ出していくほど、勢いが増していったという。

 

しかし、その日の午後、48人の乗客を乗せた列車がバレンシアを出発。北部のサラゴサに向かっていたが、途中で火災のために停止せざるを得なくなったそうだ。

 

スポンサーリンク

パニックになり、乗客が外へ飛び出す

 

運転士らはこの時、列車をバックさせる準備をしており、乗客にも車内にとどまるよう求めていたが、やがて炎が近づいてきたため、人々がパニックになったという。

 

そして窓を割って車内の外へ逃げようとした人もおり、彼らは火傷を負い、1人が病院に空輸され、バレンシアで治療を受けたそうだ。

 

またスペインの報道によると、最もひどい火傷を負ったのは58歳の女性と15歳の少女で、列車から逃げようとした乗客10人が負傷し、3人が重傷を負ったという。

 

しかし、列車に残っていた人にケガはなかったと言われている。

 

スポンサーリンク

列車はバックして近くの駅に避難

 

運転手は結局、列車をバックさせ、近くのカウディエル駅に退避させた。当時、線路沿いに逃げていた乗客は、再び列車に乗車し、負傷者はそこで初期治療を受けたという。

 

消防士たちはこの山林火災で6000ヘクタールの土地が焼き尽くされたと考えており、またベヒスや近隣の町からは2000人以上が避難したそうだ。

 

さらに13日にバレンシアの町、Vall d’Ebo地区で発生した別の火災では、1万1500ヘクタールが焼失したと言われている。(了)

 

出典元:BBC:Spanish fires: Passengers injured fleeing train in Bejís(8/17)

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top