Switch news

知っておきたい世界のニュース

クリミア半島でロシアの軍用機が墜落か?武器庫に突っ込み爆発か【動画】

クリミア半島でロシアの軍用機が墜落か?武器庫に突っ込み爆発か【動画】
Twitter/Rob Lee

ロシアが占領するウクライナのクリミア半島で、軍用機が着陸時に、爆発するような映像が撮影された。

 

知事も墜落を確認

 

この爆発は、クリミア半島にあるベルベク飛行場で発生したとされ、付近では数回の爆発音が響き渡ったという。

 

クリミアのセバストポリ知事も、軍用機が滑走路に墜落したことを確認しており、現在、現場では救助活動が行われているそうだ。

 

地元メディアの「BAZA通信」は、セバストポリのベルベク空港で軍用機が墜落し、機内で弾薬が爆発した、と報じている。

 

スポンサーリンク

武器庫に突っ込んだか?

 

またSNSにも、爆発した瞬間と思われる、複数の動画などが投稿されている。

 

他の現場の映像では、近くのビーチにいたロシア人行楽客が、上空で黒煙が立ち昇るのを見守る様子が映し出されている。

 

 

「Bellingcat」の記者であるChristo Grozev氏は、次のようにツイートした。

 

「今日はプーチンにとってさらに悪いニュースだ。セバストポリのベルベク軍事空港で何かが燃えている。地元知事は、滑走路をオーバーして墜落した軍用機だと言っている」

 

 

エコノミスト誌のオリバー・キャロル記者は「ロシアが任命したセバストポリ知事の主張は、飛行機が滑走路をオーバーシュートしたというものである。もしそうなら、それは武器庫に突っ込んだようだ」と述べている。

 

セバストポリの空港は、クリミアに侵攻して以来、ロシアの主要な基地になっていると指摘されている。(了)

 

出展元:Express:Thick black smoke fills the sky of Crimea as aircraft catches fire and explodes on runway(10/1)

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top