Switch news

知っておきたい世界のニュース

ウクライナの内相が乗ったヘリが墜落、高官ら14人が死亡

ウクライナの内相が乗ったヘリが墜落、高官ら14人が死亡
Twitter/NEXTA

1月18日、ウクライナの内務大臣が乗ったヘリコプターが、首都キーウ郊外の町に墜落し、多くの犠牲者が出た。

 

学校にいた児童1人も死亡

 

ヘリコプターは18日の午後(現地時間)、Brovaryの町にある学校(または保育園)の近くに墜落。

 

搭乗していたウクライナの内務大臣、デニス・モナスティルスキー氏や、彼の第一副官のイェフェン・イェニン氏、内務省のユーリ・ルブコビッチ長官など、14名が死亡したという。下の写真はモナスティルスキー内相。

 

Twitter/Visegrád 24

 

またヘリが墜落した付近の学校でも、機体の破片が建物に衝突するなどして、子供1人が死亡した。

 

モナスティルスキー内相は、国内の治安と警察を担当しており、ウクライナ保安庁(SBU)は飛行規則違反、技術的な不具合、ヘリコプターの故意の破壊など、考えられる原因を調査していると述べている。

 

スポンサーリンク

カナダは装甲兵員輸送車を供与

 

カナダ政府は18日、ウクライナに装甲兵員輸送車(APC)200台を供与することを発表した。

 

発表は、カナダのアニタ・アナンド国防相がキーウを訪問した際に行われたもので、ウクライナのゼレンスキー大統領は、この困難な時期に支援してくれたカナダ国民とジャスティン・トルドー首相に対し、感謝の言葉を述べたという。

 

一方、ドイツのオラフ・ショルツ首相は、出席したダボス会議の場で、戦車「レオパルト2」の供与について約束することを避けた。

 

ショルツ首相は、ウクライナの代表から「レオパルト2」の再輸出の承認ついて「なぜ躊躇するのか」と尋ねられたが、そのことについては語らなかったという。

 

ただし20日に開催される西側諸国の国防相の特別会合で、前向きな決定をする可能性は残している。

 

スポンサーリンク

ドニプロの犠牲者を悼んだ4人を拘束

 

1月14日、ウクライナ中部の都市、ドニプロにある集合住宅に対し、ロシア軍のミサイル攻撃が行われ、多くの人々が亡くなった。

 

この攻撃により犠牲となった人々を追悼するため、ロシア国内では人々がウクライナ人作家であるLesya Ukrainka氏の像の前に花束を置き始めたという。

 

 

この追悼は自然発生的に行われたが、モスクワの警察はこの場所を訪れた4人を拘束したそうだ。(了)

 

出典元:The Guardian:Russia-Ukraine war: Polish president ‘afraid Moscow is preparing new offensive’ – as it happened(1/18)

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top