車が故障!?原因は、大量のどんぐりを詰め込んだリスの仕業だった


バカンスを終え、自宅に戻った男性の車が動かない。修理に出したところ、なんと車内部に大量のどんぐりがリスにより詰め込まれていた・・・という驚きの事件が起こった。

 

バカンスから戻った男性を待っていたもの

 

被害に遭ったのは、ロンドン近郊のサリー州に住むAndrew Wilkinsさん(25歳)。

 

彼は昨年11月20日に彼女と共にイギリスを発ち、ベトナム、タイ、インドを巡る5週間の旅に出掛けた。

 

旅の間、車は彼女の父親に預けていたという。

 

その後、Andrewさんは12月23日に旅から戻ったが、いざ車に乗るとギアが固くて、ギアチェンジがしづらくなっていたそうだ。

 

彼の所有するフォルクスワーゲン・ゴルフは、2014年に10,000ポンド(約150万円)で買ったばかりだというのに…。

 

その後、Andrewさんは運転が困難になった為、同月29日に修理会社にみてもらうことにした。

 

車内部からどんぐりがぽろぽろと

 

修理に出す前に整理をと、グローブボックスを開けたところ、驚きの光景が。なんとその中は、大量のどんぐりで埋め尽くされていたのだ。

 

「帰国してから一度もグローブボックスは開けていなかったんです。でもそこにサングラスを入れていたので、取り出そうと開けたところ、中からどんぐりがぽろぽろ・・・と。その時の驚きを想像できますか?」

 

そこで、知り合いの修理工に見せると彼は一言、「なんだ、これは??」

 

瞬く間に、10人いた修理工全員が集まり、その光景に大笑いしたという。

 

Facebook/Dack Mortor Group-Coventry

どんぐりの他にネズミまで

 

その後、Andrewさんは修理会社から、車の故障の原因はリスが車内部を傷つけた為だと説明を受けた。

 

「ギアが動かなかった原因がこれだったとは。ボンネットの下やギアボックスの中に、文字通り大量のどんぐりが詰まっていたそうです。」

 

数百個のどんぐりの他、ボンネットの中にはネズミの死体も発見されたという。

 

全てのどんぐりとネズミを取り除くのに2時間の作業時間を要し、最終的に168ポンド(日本円約2万5千円)を請求されたAndrewさん。

 

「リスたちの冬支度の仕事を台無しにして、申し訳ない気持ちはありますが、元に戻ってよかったです。」(了)

 

出典:Independent:Man’s car breaks after squirrel fills it with hundreds of acorns (1/2)