Switch news

知っておきたい世界のニュース

石を大人のオモチャ代わりにするサルがいると判明:大学調査

石を大人のオモチャ代わりにするサルがいると判明:大学調査
animalia.bio

サルが石を道具として使い、植物の根を掘り出したり、木の実を割ったりすることは知られている。だが、そういった実用目的でない使い方をするサルも、一部にいるようだ。最近、動物行動学の専門誌「Ehology」に、ちょっと面白い論文が掲載された。

 

インドネシア・バリ島のサル

 

論文を発表したのは、カナダ・レスブリッジ大学の研究者を中心とするグループ。彼らは、バリ島ウブドにある野生サルの自然保護区「Sacred Monkey Forest Sanctuary」で、サルの行動を観察した。

 

ここのサルたちは、石を両手に持って打ち合わせたり、何度も地面に向けて落としてみたりと、特に意味が無いようなことをよくするそうだ。そういった行動を観察していた研究者たちは、石で鼠蹊部や性器のあたりを軽く叩いたり、こすったりするサルがいることに気がついた。

 

ひょっとして、石を「大人のオモチャ(sex toy)」として使っているのではないか? そう考えた研究者たちは、より詳しい調査を行った。

 

スポンサーリンク

「自発的な、道具を用いた自慰行為」

 

研究者グループは、石を使って疑わしいことをする173匹のサルを選び、それぞれの行動を詳細に観察した。その結果、次のことが判った。

 

石で性器を軽く叩いたりこすったりするのは若い雄ザルが多く、特に性的興奮の兆候があったり、付近に求愛行動をとっている他のサルがいる時に——言い換えれば、性的に昂まった状況にある時に、そのような(石を使った)行動をとっていた。

 

また、石を使って他のことをするときに雄ザルの性器は勃起しないが、先述の行動をとった場合には勃起したとのこと。

 

こうした観察結果を踏まえて、研究者は「(観察対象のサルは)自発的な、道具を用いた自慰行為を行なっていた」と考えている。

 

もちろん、サル本人が性的快楽を得ているかどうかは証明が難しいので、「自慰行為」と言い切ることはできない。だが、論文を読んだイタリア研究評議会認知科学・技術研究所のElisabetta Visalberghi氏は、「(示された)データは、非常に説得力がある」とメディアに話す。(了)

 

出典元:The New York Times:Some Monkeys Use Stone Tools for Pleasure, Study Suggests(8/26)

出典元:Mashable:Some monkeys use stone tools as sex toys, apparently(8/28)

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top