Switch news

知っておきたい世界のニュース

南極にあるベルギーの基地で新型コロナの感染を確認、25人中16人が陽性

南極にあるベルギーの基地で新型コロナの感染を確認、25人中16人が陽性
International Polar Foundation

南極にあるベルギーの科学研究施設では、新型コロナウイルスの患者が確認され、対処に追われているという。

 

12月中旬に感染者を確認

 

その研究施設とは、「エリザベート王女極地基地」だ。

 

この基地には25人の職員がいるが、12月14日以来、少なくとも16人が新型コロナに感染したことが判明した。

 

最初に感染者が確認されたのは12月14日(13日との報道もある)。この7日前に基地に到着したメンバーの中で、感染が判明したという。

 

ただし現時点では、感染者の症状は軽く、「状況も劇的ではない」そうだ。

 

基地での仕事に影響はない

 

この基地に到着した職員は、必ずワクチン接種とウイルス検査を受けなければならない。

 

陽性者は現在、隔離されているが、基地での仕事全体には大きな影響はないという。

 

またウイルスは基地内にまだ存在しているとみられているが、施設には2人の救急医がおり、患者に対応しているそうだ。

 

「ここに留まり、仕事をしたい」

 

この基地を運営している国際極地財団のジョセフ・チーク氏は、次のように述べている。

 

「1月12日の定期便で出発する機会がステーションにいる全員に提供されました。しかし、彼らは皆、ここに留まり仕事を続けたいと希望しました」

 

現在、新たな職員がこの基地に派遣されることは停止されているという。

 

南極の研究施設が新型コロナの影響を受けたのは、今回が初めてではない。

 

昨年は、チリのベルナルド・オヒギンズ基地で勤務する軍関係者が、補給船の船員から新型コロナに感染し、陽性反応が確認されたという。(了)

 

 

出典元:BBC:Coronavirus pandemic: Antarctic outpost hit by Covid-19 outbreak(1/1)

出典元:JP:Coronavirus outbreak hits Belgian Antarctic research outpost(1/2)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

ニュースレターの配信を始めました!

1日1回、新着ニュースをまとめて、メールでお送りしています。

形式など詳しいことは、こちらの「 ニュースレターについて 」をご覧ください。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

Return Top