Switch news

崖よりも大きな巨大な氷山!アマチュアカメラマンが撮影した写真が大迫力

崖よりも大きな巨大な氷山!アマチュアカメラマンが撮影した写真が大迫力
Twitter/MarkGray

アマチュアカメラマンが多くの氷山の写真をツイッターに投稿しており、ダイナミックだとして注目を集めている。

 

ユニークな形をした氷山も

 

そのカメラマンとは、カナダに住むMark Grayさん。彼は、大西洋に面したニューファンドランド島のボナビスタ岬にある自宅付近で、数々の氷山をカメラで記録してきたという。

 

そして写真を自らのツイッターアカウントに投稿し続け、これまでも多くの人にリツイートされてきたそうだ。

 

これらは「氷山の通り道」と呼ばれる、ラブラドール海からニューファンドランド島南東部までの海域を漂ってきたもので、毎年春の終から初夏にかけて数多くが姿を現すと言われている。

 

 

Grayさんの写真には、崖よりも大きな高さが45mもある氷山や、アイスクリームのコーンや、ゾウの牙のようなユニークな形をしたものも映っている。

 

Twitter/MarkGray
Twitter/MarkGray
Twitter/MarkGray
Twitter/MarkGray

 

下の写真の氷山は、船よりもはるかに大きい。

 

Twitter/MarkGray

 

少し人間の顔のようにも見える氷山。

 

Twitter/MarkGray

 

こちらは花びらのような形をしている。

 

Twitter/MarkGray
Twitter/MarkGray
Twitter/MarkGray
Twitter/MarkGray

1984年には2000個も流れ着く

 

ニューファンドランド島の沿岸には毎年、400個から800個近くの氷山が通過すると言われているが、1984年にはなんと2000個以上が流れ着いたという。

 

氷山自体は1万年から1万2000年前のもので、たいていはグリーンランド西部の氷河から流れてくると考えられているそうだ。

 

また地元の人々は、ウォッカやジンなどを含んださまざまなカクテルを作るのに、新鮮な氷山の水を使っており、氷山ビールなども人気が高いと言われている。(了)

 

 

出典元:MailOnline:Jaw-dropping images reveal the 150-FOOT-TALL glacial masses floating through Canada’s ‘iceberg alley,’ where hundreds of towering structures drift past each year(5/20)

Return Top