Switch news




オーストラリアの夜空に美しい“紫色の光”が出現、警察のカメラが捉える

オーストラリアの夜空に美しい“紫色の光”が出現、警察のカメラが捉える
Twitter / SAKAI HK

オーストラリアで先日、深夜に紫色(青色に近い)の明るい光が観測され、注目を集めた。

 

オーストラリア北部に現れた紫の光

 

紫色の明るい光が観測されたのは、オーストラリア北部の州ノーザンテリトリーに位置する都市、アリススプリングス。

 

地元警察のJames O’Brien氏によると、今月20日の深夜0時を過ぎた頃、警察に一本の電話が。

 

電話をかけてきたのはアリススプリングスの住民で、“壮大で輝く白い光が、まるで日中のようにアリススプリングスの町を照らしていた”と訴えたという。

 

この電話を受けて監視カメラの映像を確認したところ、上空を横切る“紫色の光”が確認されたとのことだ。

 

光の正体は流星だった!

 

この光の正体は流星であるとのこと。

 

監視カメラの映像では流星はアリススプリングスのみならず、同都市から500キロメートルほども離れたノーザンテリトリー内の都市、テナントクリークにまで到達していたことが判明しているという。

 

また電話をかけてきた住民によると、5秒間ほどにわたって流星が流れた際に、“巨大な雷の音や地震のようなゴロゴロ鳴る音”までもが聞こえたとのこと。

 

さらに巨大な音と共に、窓が揺れるといった現象も発生したことが伝えられている。

 

※画像はイメージです(Unsplash)

 

これについてオーストリア国立大学の天体物理学者Brad Tucker氏は、地球には毎日200トンもの流星が到達しているという。

 

ただその多くは、人が気付くには小さすぎるものであるとしている。

 

オーストラリアの夜空に突如として現れた流星。巨大な音や揺れを発生させつつも、人に危害が及ばなくてよかったといえる。(了)

 

※この流星は、5月22日にお伝えした火球より以前に出現したものとなる。

 

出典:SBS News:Meteor lights up NT outback night sky(5/20)

出典:abc News:Meteor captured on Northern Territory police CCTV raining ‘purple light’ over Top End(5/20)

Return Top