Switch news

知っておきたい世界のニュース

ISSで撮影されたオーロラ、地球の表面を覆う眩い光が美しい

ISSで撮影されたオーロラ、地球の表面を覆う眩い光が美しい
flickr_NASA Johnson

国際宇宙ステーション(ISS)から、オーロラが観測され、美しい写真がネットに投稿されている。

 

ツイッターに投稿されたオーロラの写真

 

ISSから撮影された写真は複数あるのだが、こちらの写真は1月18日に撮影。場所は北大西洋の上空、約425kmの軌道上からとらえたもの。

 

flickr_NASA Johnson

 

下の写真が撮影されたのも、1月18日。こちらはルーマニア上空付近から撮影されたという。説明では地上に映っている光は、スウェーデンやフィンランドの街の明かりだとしている。中央の黒い部分は、バルト海になるそうだ。

 

flickr_NASA Johnson

 

さらにこちらの写真は1月13日にカザフスタン上空から撮影されたもの。ここから北へロシアの方へ向かって、地上に光が広がっている。

 

flickr_NASA Johnson

 

下の写真は1月12日に、ウクライナとカザフスタンの間のロシア上空から撮影された。緑と白の混じった美しい光が横に広がっている。

 

flickr_NASA Johnson

 

これらの写真は「国際宇宙ステーション(ISS)」のツイッター公式アカウントに投稿されている。

 

「直接目で見られるなんて…」「素晴らしい」

 

この投稿を見た人からは次のようなコメントが寄せられている。

 

「ありがとうNASA、これは本当に並外れて素晴らしいわ。いい日にしてくれた」

「本当にとても美しいわ、よくやったわね」

「いつかインド上空の写真も、私達は見られる?」

「これを直接目で見られるなんて、あなたたちはラッキーだ」

「信じられない景色」

「死ぬ前に宇宙空間を旅してみたい」

 

下は「Wonder of Science」の動画をユーザーがツイートしたもの。

 

 

オーロラは、北緯70度と南緯70度の外ではめったに見えないため、「極光」とも呼ばれている。(了)

 

参考:MailOnline:See auroras from SPACE: Astronauts on the International Space Station share stunning images of ‘Earth’s airglow’ as they orbit at more than 250 miles above the surface(1/27)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top