Switch news

知っておきたい世界のニュース

大きさは16センチ、米で男性がメガロドンの巨大な歯を発見

大きさは16センチ、米で男性がメガロドンの巨大な歯を発見
Facebook/Matthew Basak

アメリカで化石ハンターの男性が、巨大すぎるサメの歯を発見し、注目を集めている。

 

建設現場で巨大な歯を発見

 

その男性とは、サウスカロライナ州で暮らすMatthew Basakさんだ。

 

彼は3月初旬、友人と共に沿岸地域の街、Summervilleにある建設現場で化石を探していたという。

 

するとまず5インチ(約12.7cm)のサメの歯を発見。さらにその後、6.45インチ(約16.3cm)、重さが3ポンド(約1.4kg)の巨大なサメの歯を見つけたそうだ。

 

Facebook/Matthew Basak
Facebook/Matthew Basak

350万年前に絶滅した「メガロドン」

 

Basakさんは「Palmetto Fossil Excursions」というチームに所属し、職業として化石発掘を専門に指導しているという。

 

また今回の歯は「メガロドン」という古代のサメのものと考えられている。

 

「メガロドン」とは、350万年前に絶滅したが、大きな歯を持つサメの系統の中でも最大のものだったとか。

 

また通常、長さは40フィート(約12m)もあり、大きいものは60フィート(約18m)もあったと考えられている。

 

Oliver E. Demuth

 

サメの専門家によれば、一般的に1インチ(約2.5cm)の歯あたりの、身体の大きさは10フィート(約3m)になるという。

 

このためBasakさんは今回発見された歯が、「メガロドン」の中でも大きい部類のものだったと考えているそうだ。(了)

 

出典元:KTXS:South Carolina fossil hunter’s dreams come true with huge megalodon tooth(3/12)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

ニュースレターの配信を始めました!

1日1回、新着ニュースをまとめて、メールでお送りしています。

形式など詳しいことは、こちらの「 ニュースレターについて 」をご覧ください。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

Return Top