Switch news

知っておきたい世界のニュース

空からソフトボール大の雹、凄まじさを物語る画像がSNSに【アメリカ】

空からソフトボール大の雹、凄まじさを物語る画像がSNSに【アメリカ】
Twitter/Vanessa Croix

アメリカ南部、テキサス州とオクラホマ州に雹(ひょう)が降った。気象庁(日本)では直径5mm以上の氷粒を雹と呼んでいるが、4月28日に降ったその雹は、ミリメートルで測るような可愛らしいものではない。野球のボールや、リンゴ、ソフトボールほどの大きさの塊が降った、と報じられている。

 

数十億ドルの被害

 

アメリカ国立気象局ストーム予測センター(NOAA Storm Prediction Center)によれば、その日、サンアントニオ市やフォートワース市、オクラホマシティ市などから、計38件の被害報告が寄せられたとのこと。海外メディアは今回の雹によって「数十億ドル(数千億円)の被害」が出たと見積もっている。

 

ところで、ソフトボール大の雹が降ってくると、実際どういうことになるか? SNSに写真が多く上がっている。

 

(オクラホマ州)ノーマン市のPub Wに勤める同僚から送られた写真。雹の嵐で壊れた車。この駐車場のほとんどの車が同じダメージを受けている。

 

今ではノーマン市内で見かけるどの車も、自分の車と同じようだ。

 

屋根を突き破る氷塊

 

テキサス州ホンド市に住むRebecca Gilliamさんという人は、雹の凄まじさをメディアにこう話している。

 

「私たちは子供と一緒に、室内のクローゼットの中に入っていました。外が不気味なほど静かになった、と思うと、大きな物音がして家がわずかに揺れました。それが雹の嵐の始まりでした」

 

もの凄い勢いで降り始めた巨大な雹は、屋根を何カ所も突き破り、中には壁を抜けて室内に入って来たものもあったという。

 

今日の夕方、テキサス州サビナルにある友人宅の天井を突き抜けた巨大雹の1つ。

 

 

 

世界の天気予報を提供するAccuWeather社の気象学者・Bill Deger氏によれば、暖かい気温や日照、メキシコ湾からの湿った空気など、様々な気象条件が「ほぼパーフェクトに」重なった結果、今回のケタ外れな巨大雹の嵐になったとのこと。(了)

 

出典元:CNN:Softball-sized hailstones fall as damaging thunderstorms slam Texas and Oklahoma(4/29)

出典元:boredpanda:‘Gorilla’ Hail Struck Texas And Oklahoma Last Night, And This Is How It Looked(5/1)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top