Switch news

知っておきたい世界のニュース

南アフリカで停電の夜に怪しい影、通りに現れたのはカバの群れだった!

南アフリカで停電の夜に怪しい影、通りに現れたのはカバの群れだった!
YouTube/Storyful Rights Management2

南アフリカ共和国で、夜中になんとカバの群れが現れ、住宅街をうろつく様子が撮影された。

 

一列になって静かに移動

 

8月13日、南アフリカ東部のクワズールー・ナタール州の街、St Luciaでは夜中に停電が起きたという。

 

すると住宅街の通りに、何やら怪しい動物の影が…。よく見ると、それはカバの群れだった。

 

群れには子供もおり、カバたちは暗い通りを、一列になりながら、静かに移動していったという。その様子がこちら。

 

草食動物だが獰猛な性格

 

この様子を撮影したのは、地元の住民であるAlfredo Stefaniniさん。

 

彼はその後、この動画をフェイスブックに投稿。現在までに1万回も再生されることに。

 

実はカバは草食動物だが、意外と獰猛で、縄張りに侵入すると、ライオンやワニでさえ襲うことがあると言われている。

 

当サイトでもカバを取り上げた記事があるので、そちらも是非、ご覧いただきたい。(了)

 

カバがバタフライで追いかけてくる!美しい自然を満喫中に起きた恐怖体験

アフリカの民家にカバが出現!プールでくつろぐ姿に住民もびっくり

出典元:Yahoo News:Hippos Take Night-Time Stroll Through South African Town(8/20)

Return Top