Switch news

知っておきたい世界のニュース

湖の氷に毎年絵を描いているアーテイスト、今年は巨大なキツネを描く

湖の氷に毎年絵を描いているアーテイスト、今年は巨大なキツネを描く
Twitter/Pasi Widgren

毎年、氷の上に絵を描き続けている、フィンランド人の建築デザイナーが注目を集めている。

 

90mもの巨大なキツネの絵

 

そのデザイナーとは、Pasi Widgrenさん(40)だ。

 

彼はこれまで6年連続で、雪かき用のスコップを使って、凍った湖の表面に絵を描いてきたという。

 

そして今年も12月4日に、ヘルシンキの北にあるPitkajarvi湖を訪れ、90mもの巨大なキツネの絵を描いた。それがこちら。

 

スポンサーリンク

過去にはクマやフクロウを描いたことも

 

Widgrenさんは2016年から凍ったこの湖で絵を描きはじめ、以前はクマやフクロウを描いたこともあるそうだ。

 

ただし絵の上に雪がさらに降り積もったり、氷が解けたりすると、その絵は見えにくくなり、消えてしまう。

 

また氷が割れる危険もあるため、自分自身を救えるようにアイス・オウル(アイスピックのように氷を突き刺す道具)も用意しているという。

 

 

今回もまず湖についた時、作業するのに氷が十分な厚さを持っているかをチェック。その後、キツネのイメージに合うように、輪郭をスケッチし、それからシャベルを使って描き始めたそうだ。

 

そして4時間後、絵が完成した時、Widgrenさんは湖のそばにある崖の上に登っていき、そこで完成した絵を見下ろしながら、コーヒーを飲み、思い出に写真とビデオを撮ったという。

 

ただし12月6日には、少し雪が降ったため、キツネの絵はあまりよく見えなくなったそうだ。(了)

 

出典元:ABC News:Finland: Architect’s ephemeral lake art a winter tradition(12/13)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

Return Top