Switch news

知っておきたい世界のニュース

ラオスのコウモリから、新型コロナと95%以上も一致した新しいウイルスを発見

ラオスのコウモリから、新型コロナと95%以上も一致した新しいウイルスを発見
flickr_Doug Beckers

他のどれよりも、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に似た、3つのウイルスが東南アジアの洞窟で発見された。

 

3種類の新しいコロナウイルス

 

この調査を行ったのは、フランス・パスツール研究所のウイルス学者であるMarc Eloit氏や、フランス及びラオスの研究チームだ。

 

彼らはラオス北部の洞窟に生息するコウモリ、645匹から唾液や尿、糞のサンプルを採取。

 

それを分析したところ、キクガシラコウモリと呼ばれる種から、SARS-CoV-2と95%以上も一致する3種類の新しいウイルスを発見したという。

 

その後、3つのウイルスはそれぞれ「BANAL-52」「BANAL-103」「BANAL-236」と名付けられた。

 

同じような受容体を持つ

 

この研究論文はまだ査読されていないが、「Nature」によれば、特に懸念されるのが、この新しい複数のウイルスが受容体(レセプター)結合部位を持っていることだという。

 

しかも受容体結合部位はSARS-CoV-2のそれとほぼ一致し、それゆえに人間に感染することを可能性ならしめているそうだ。

 

そもそも受容体は、人間の細胞の表面にあるACE2と呼ばれるレセプターと結合し、細胞の中に侵入することを可能にしていると言われている。

 

オーストラリア・シドニー大学のウイルス学者であるEdward Holmes氏は、次のように語っている。

 

「SARS-CoV-2の塩基配列が最初に明らかになった時、受容体結合部位が、これまで見られたもののようには見えませんでした。このため一部の人が、新型コロナは研究室で作られたと疑いましたが、ラオスで発見されたコロナウイルスにより、SARS-CoV-2のパーツが自然界に存在することが確認されました」

 

「BANAL-52」は96.8%の一致

 

実は昨年には、中国の雲南省で「RaTG13 」と呼ばれる、SARS-CoV-2の別の近縁種が発見されている。

 

このウイルスは、SARS-CoV-2と全体的に96.1%同一であり、これら2つのウイルスはおそらく40~70年前に共通の祖先を持っていたと考えられている。

 

一方、「BANAL-52」は、SARS-CoV-2と96.8%の一致を示しており、新たに発見された3つのウイルスはいずれも、他のウイルスでは見られないほど、SARS CoV-2のセクションと類似した部分を持っているという。

 

ただしラオスでの研究は、パンデミックの起源を解明する手がかりとなるものの、まだ足りない部分がある。

 

そもそも中国の武漢に、ウイルスの前駆体がどのようにして移動したのか、あるいは中間的な動物にウイルスが実際に運ばれたのか、についても明らかにされていないという。(了)

 

出典元:nature:Closest known relatives of virus behind COVID-19 found in Laos(9/24)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

ニュースレターの配信を始めました!

1日1回、新着ニュースをまとめて、メールでお送りしています。

形式など詳しいことは、こちらの「 ニュースレターについて 」をご覧ください。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

Return Top