Switch news

知っておきたい世界のニュース

体重270kgもある巨大なカメを保護、無事海へ帰る【アメリカ】

体重270kgもある巨大なカメを保護、無事海へ帰る【アメリカ】
Twitter/ifaw

アメリカで巨大なカメが、干潟で動けなくなっているのが見つかり、保護された。

 

干潟で動けなくなっていた

 

そのカメとは600ポンド(約272kg)もあるオサガメで、体の大きさは約1.5mもあったという。

 

しかし先日、マサチューセッツ州の町、ウェルフリートを流れるヘーリング川の岸辺で、動けない状態で発見された。

 

そして10月10日には、3つのボランティア団体から人々が現場に駆けつけたそうだ。

 

その後、彼らは国際動物福祉基金とボストンのニューイングランド水族館に連絡。オサガメは一旦、プロビンスタウンにある水族館へ運ばれることになる。

 

Twitter/ifaw

水族館へ運ばれ、海へ帰る

 

水族館ではオサガメの健康状態が調べられ、良好であることが確認された。

 

そのためこのカメは、近くの砂浜へ運ばれ、人々が見守る中、海へと帰されたという。

 

 

このオサガメには識別タグが取り付けられ、研究者は今後30日間、生存を確かめることができるそうだ。

 

また取り付けられた音響タグにより、今後数年間、カメの移動パターンを追跡することができるとも言われている。

 

水族館のアンダーソン・キャボット海洋生物センターの研究員であるのKara Dodge博士は、次のように語っている。

 

「このオサガメはウェルフリートの干潟で方向感覚を失ったと思われますが、この素晴らしい(ボランティアの)仲間たちが一丸となって救助活動を行ってくれたおかげで、生き延びることができると楽観的に考えています」(了)

 

 

出典元:The Boston Globe:Giant leatherback turtle returned to the sea in Provincetown(10/12)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

ニュースレターの配信を始めました!

1日1回、新着ニュースをまとめて、メールでお送りしています。

形式など詳しいことは、こちらの「 ニュースレターについて 」をご覧ください。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

Return Top