Switch news

知っておきたい世界のニュース

生きている犬の中で世界最高齢のチワワ、ギネス世界記録に認定

生きている犬の中で世界最高齢のチワワ、ギネス世界記録に認定
Instagram/guinnessworldrecords

現在、生存している犬の中で最高齢だとして、アメリカに住むチワワが、ギネス世界記録に認定された。

 

今年の3月に、21歳と66日を迎える

 

そのチワワとは、フロリダ州で暮らす「トビー・キース」だ。

 

2001年1月9日に生まれた「トビー・キース」は今年の3月16日、21歳と66日を迎え、現在生存している犬の中で最高齢であるとし、ギネス世界記録に認定された。

 

ギネス世界記録によれば、これまでで最高齢の犬はオーストラリアで暮らしていたオーストラリアン・キャトル・ドッグの「Bluey」で、1939年に亡くなるまで29歳と5カ月生きたという。

 

スポンサーリンク

子供の頃に引き取り、育てる

 

そもそも「トビー・キース」は、まだ子犬だった頃、フロリダ州のペギー・アダムス動物保護センターのボランティアをしていた、ギゼラ・ショアさんに引き取られたそうだ。

 

ある老夫婦がこれ以上面倒を見られないからと子犬の「トビー・キース」を保護シェルターに預けようとしてため、ショアさんが飼い始めたとか。

 

老夫婦はそのチワワに「ピーナッツバター」と名付けていたが、その後ショアさんが「トビー・キース」に変更したという。

 

スポンサーリンク

インコとも仲良し、一緒に散歩

 

「トビー・キース」はショアさんが飼っている2羽のインコとも仲良しで、よく一緒に散歩し、遊んでいるそうだ。

 

また現在、「トビー・キース」は七面鳥のスライスを食べたり、ちょっとした散歩を楽しんだり、在宅勤務のショアさんの仕事場の横で寝転んだりしているという。

 

世界最高齢の犬になったことをギネスが認定したその日、「トビー・キース」はお風呂に入り、爪を切ってもらい、そして大好きな車に乗ったそうだ。(了)

 

 

出典元:Good News Network:Florida Chihuahua is World’s Oldest Living Dog Setting Guinness Record(4/26)

出典元:Guiness World Records:World’s oldest dog confirmed as 21-year-old chihuahua TobyKeith(4/14)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

Return Top