Switch news

知っておきたい世界のニュース

スイスにあるローヌ氷河、氷の融解を防ぐためにブランケットで覆われる

スイスにあるローヌ氷河、氷の融解を防ぐためにブランケットで覆われる
Twitter/EVPA

スイスのアルプスにある氷河で、ちょっと珍しい光景が見られたという。

 

ローヌ川の源流となる氷河

 

その氷河とは、古代から凍り続けてきた「ローヌ氷河」だ。

 

この氷河は、アルプスのフルカ峠とグリムゼル峠に挟まれた谷にあり、スイスのヴァレー地方からレマン湖を経由してフランスへと流れ込む、全長812キロのローヌ川の源流となっている。

 

また観光名所ともなっているが、7月13日には氷河の融解を防ぐために、UVカットのブランケットで覆われたという。

 

スポンサーリンク

ヨーロッパは熱波で気温が上昇

 

ヨーロッパは現在、ポルトガル、スペイン、フランスで山火事が発生し、大熱波でうだるような暑さになっているそうだ。

 

イギリスにも大陸からの熱い空気が17日には到達する予定で、気象庁は猛暑の気象警報を発令しているという。

 

しかし今回、ローヌ氷河がブランケットで覆われたのは、最近の熱波に対処するためではない。

 

スポンサーリンク

温暖化に対処するため5年前から実施

 

実はローヌ氷河では5年前から、温暖化による氷の融解を防ぐために、ブランケットがかけられてきたという。

 

そもそもスイスでは、過去120年間に約1300メートルの氷が失われ、氷があった場所には石がむき出しになっているそうだ。

 

しかもスイスでは、2100年までにすべての氷河が失われる可能性があると言われている。

 

このためローヌ氷河以外の場所でも、氷がブランケットで覆われているという。(了)

 

出典元:METRO:Glaciers in the Alps covered up to protect them from extreme heat(7/13)

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top