Switch news

World News Odyssey

Pickup

EU資金の不正利用疑惑を報じた、ブルガリア人の女性ジャーナリストが殺害される

EU資金の不正利用疑惑を報じた、ブルガリア人の女性ジャーナリストが殺害される
Facebook/Council of Europe Commissioner for Human Rights

ヨーロッパ連合(EU)の資金の不正利用疑惑を報じた、ブルガリア人の女性ジャーナリストが先日、北部のルセという街で殺害された。

 

レイプされ殺害された可能性

 

ルセの検察官によれば、死亡が確認されたのはジャーナリストのViktoria Marinovaさん(30)で、10月6日(現地時間)にドナウ川沿いの公園内で遺体となって発見されたという。

 

また彼女の死因は頭部外傷及び窒息だとし、Marinovaさんの携帯や車のキー、メガネ、衣類の一部が現場から消えているそうだ

 

内務大臣のMladen Marinov氏は記者団に対して、Marinovaさんがレイプされ殺害されたと報告。ただこの殺人が彼女の仕事に関連するものであることを示唆する証拠はなく、彼女が脅迫されていたとする報告もない、と語っている。

 

ブルガリアのBoyko Borissov首相は「殺人の真相が明らかになるのは時間の問題だと確信している」と発言。ルセの殺人現場には優秀な犯罪学者が派遣されており、大量のDNAが採取されていると状況を語っている。

 

EU資金に関与した企業を報道

 

Marinovaさんはルセに拠点を置くテレビ局「TVN」の役員メンバーで、この1年の間にEU内で殺害された3人目のジャーナリストになるという。

 

地元テレビ局は、以前ブルガリアのジャーナリストグループが、地元当局が管理しているEUの資金によるインフラ計画に関わった企業への調査を行ったが、Marinovaさんはその報道に関与したと伝えている。

 

またAFPによれば、Marinovaさんは9月30日に放映された番組内で、実業界や政界の大物が関わるEU資金の不正利用疑惑の調査をめぐってジャーナリスト2人をインタビューしており、2人は一時警察に身柄を拘束されていたという。

 

ただ警察関係者は現時点では、彼女の職業が事件に関連しているようには見えないと発言しているとか。

 

一方、ジャーナリスト保護委員会は「野蛮な殺人に衝撃を受けている」と表明。ブルガリア当局に対し、あらゆる手段を尽くして捜査し、関与した者を法の裁きにかけるよう求めている。

 

報道の自由度は111位

 

そもそもブルガリアは、今年発表された「国境なき記者団」による報道の自由度ランキングにおいて、180カ国中111位となり、EUの他の国やバルカン半島西部の国々の中でも低い順位になっているという。

 

そして2017年、Valeri Simeonov副首相は主要メディアが選挙において、自分に対する中傷キャンペーンを先導したと非難。この発言は国内最大手のメディアへの脅迫だとし、10月にはブルガリアのジャーナリスト数百人がSofiaの街で抗議デモを行ったそうだ。

 

ブルガリア当局は10日、ドイツでこの殺人事件に関わった疑いのある男が逮捕されたと明らかにした。ただまだ通常の殺人事件なのか、それとも裏に大きな陰謀が隠れているのかは明らかになっていない。(了)

 

 

出典元:NYPost:Journalist who reported on EU corruption found raped and murdered(10/8)

出典元:AFP:ブルガリアの女性ジャーナリスト、レイプ・殺害される 報道界震かん(10/8)

Return Top