Switch news

知っておきたい世界のニュース

英の動物園で世界最大のカメレオンが誕生、でも赤ちゃんの体長はまだ2cm

英の動物園で世界最大のカメレオンが誕生、でも赤ちゃんの体長はまだ2cm
Twitter/Chester Zoo

イギリスの動物園で、世界最大にまで成長するカメレオンの赤ちゃんが誕生し、注目されている。

 

569日間の孵化期間を経て誕生

 

そのカメレオンとは、もともとマダガスカルに生息していた「パーソンズカメレオン」だ。

 

先日、イングランドにあるチェスター動物園で、569日間の孵化期間を経て、10匹の赤ちゃんが誕生したという。

 

しかし赤ちゃんはまだ体長が2cm、体重も1.5gしかないそうだ。その様子がこちら。

 

スポンサーリンク

マダガスカルの環境を模倣

 

「パーソンズカメレオン」は体長約70cm、体重800gまで成長し、どの爬虫類よりも孵化期間が長いと言われている。

 

イギリスで「パーソンズカメレオン」の孵化に成功したのはこのチェスター動物園が初めてとされ、動物園側はマダガスカルの状況を「模倣」するために、気温を「綿密に」モニターして繁殖させたという。

 

チェスター動物園・爬虫類チームのマネージャーであるJay Redbond氏は、次のように述べている。

 

「この繁殖を成功させるために、何年にもわたってチームが行ってきた緻密なケアと細部への配慮は、本当に驚くべきものでした。マダガスカルの季節変動を注意深く再現し、カメレオンが島で経験するのとまったく同じ条件を、ここチェスターで模倣しなければなりませんでしたが、それは簡単なことではありません。昼夜の温度と湿度のわずかな変化もすべて細心の注意を払って記録しました。この情報をもとに、マダガスカルの他の絶滅危惧種の爬虫類の保護に貢献できると信じています」

 

「パーソンズカメレオン」の個体数は、マダガスカルにおける広範な生息地が失われた結果、過去20年間で20%以上減少しているという。(了)

 

出典元:METRO:These rare chameleons finally hatched after 569 days of ‘meticulous’ incubation(10/14)

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top