Switch news

知っておきたい世界のニュース

行方不明だった飼い主を犬が発見、捜索隊を導く【メキシコ】

行方不明だった飼い主を犬が発見、捜索隊を導く【メキシコ】
Twitter/Tanya Vásquez

メキシコで行方不明になっていた高齢者の男性を、飼い犬が見つけ、無事保護された。

 

捜索隊は男性を発見できず

 

その男性とは、グレゴリオ・ロメロさん(84歳)だ。

 

彼は11月27日に、メキシコにある自宅から出たまま、戻ってこなくなったという。

 

そこで姪のラモーナさんが当局に通報。その後、大規模な捜索が行われた。

 

しかし捜索隊は何日も、ロメロさんの跡を追跡したが、結局見つからなかったそうだ。

 

スポンサーリンク

2歳になる愛犬は諦めなかった

 

ところがロメロさんが飼っていた愛犬、2歳になる「エル・パロモ」は決して諦めなかったという。

 

「エル・パロモ」は丘や小道、渓谷を越えて捜索隊を導き、自宅から2マイル(約3.2km)の地点でロメロさんを発見した。

 

Twitter/Nubia Uriarte

 

ロメロさんは脱水症状と栄養失調に見舞われ、保護された後、近くの病院へ搬送されて、2日間治療を受けたという。

 

その間も「エル・パロモ」は、昼も夜も病院のドアのそばで、ロメロさんが回復するのを待ち続けたそうだ。

 

Twitter/Nubia Uriarte

 

12月6日火曜日、ロメロさんは外出を許されたが、もちろんその時、そばには「エル・パロモ」の姿もあったという。

 

検察は「ペットの無条件の愛によって、ロメロさんは家族と再会することができたのです。なぜなら、当局に彼の居場所を教えたのは『エル・パロモ』だったのですから」と述べている。(了)

 

 

出典元:METRO:Hero dog leads cops to owner, 84, one week after he disappeared(12/13)

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top