Switch news

知っておきたい世界のニュース

世界で初めてオセロットのアルビノを確認、遺伝子検査で判明

世界で初めてオセロットのアルビノを確認、遺伝子検査で判明
Twitter/El Espectador

南米コロンビアで、初めてオセロットのアルビノが確認された。

 

当初はピューマと考えられてきた

 

そのオセロットは以前、コロンビアのアンティオキア県にあるアマルフィの農村地帯で、保護されたという。

 

当時はまだ子供で、体重わずか440グラムしかなく、「ピューマ・ジャガルンディ(puma jaguarundi)」と考えられていたそうだ。

 

しかしMedellinの町にある自然保護公園が遺伝子検査を行った結果、アメリカ大陸に生息するオセロットの原種、「レオパルドゥス・パルダリス(leopardus pardalis)」のアルビノであることが判明した。

 

Twitter/Juan Antonio Tirado
Twitter/WildfireNews
スポンサーリンク

メスで盲目、病気で苦しんできた

 

オセロットは大人になると体長55〜100cmになり、7〜10年生き、通常体には独特の模様が現れるという。

 

今回、確認されたオセロットはメスで盲目。複数の病気に苦しんでおり、過去1年間に多くの治療を受けてきたそうだ。

 

現在は、溺れないように小さな池のある、自然保護公園内の囲いの中で暮らしているという。

 

自然保護公園のJorge Aubad氏は、次のように述べている。

 

「オセロットは、コロンビアに生息するネコ科動物の中では、ジャガー、ピューマに次いで3番目に大きな動物です。今のところ、これはアルビノのレオパルドゥス・パルダリス、オセロットの世界で最初のケースです。私たちは、世界で唯一登録されたこのネコをMedellinで飼えることを誇りに思っています。本当に、この子をリハビリしてくれた公園に感謝します」(了)

 

出典元:ABC.net:An albino ocelot is the first of its kind found in Colombia after being taken in as a kitten(12/24)

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top