Switch news

World News Odyssey

Pickup

ブッシュ元大統領を見送るため、数千人が星条旗を手に線路沿いに集まる

ブッシュ元大統領を見送るため、数千人が星条旗を手に線路沿いに集まる
Twitter/Jim McGrath

先日、アメリカのジョージ・H・W・ブッシュ元大統領の国葬が執り行われ、その後柩がテキサス州にある埋葬地へと運ばれた。

 

その際、多くの人々が線路沿いに並び、元大統領に別れを告げたという。

 

埋葬地まで柩が列車で運ばれる

 

アメリカ第41代大統領であるジョージ・H・W・ブッシュ氏は、11月30日に亡くなった。享年94歳だった。

 

 

そして12月5日にはワシントンの国立大聖堂で国葬が執り行われ、トランプ大統領夫妻やオバマ元大統領夫妻など、存命中の歴代元大統領が参列。

 

長男のジョージ・W・ ブッシュ元大統領も弔辞で、「偉大で高潔な人だったあなたは、息子にとっても娘にとっても最高の父親でした」と述べ、言葉を詰まらせたという。

 

翌6日も、テキサス州ヒューストンの教会で葬儀が執り行われ、その後ブッシュ元大統領の遺体が収められた柩は星条旗に覆われ、約112km離れた埋葬地となる「ジョージ・H・W・ブッシュ記念図書館」まで専用列車で運ばれることに。

 

多くの人が線路沿いに集まる

 

線路沿いには元大統領に最後のお別れをしようと、数千人が集まり、このため列車は途中、何度も速度を落としたという。

 

迎えた人々は列車に向かって挨拶し、多くの人々はアメリカの国旗を振って、元大統領の名誉をたたえ、その死を悼んだ。また中には「愛しているよ、41」と書かれた紙を掲げていた人もいた。

 

列車には長男のジョージ・W・ ブッシュ元大統領も乗っており、父親を見送る人々の姿を見つめていたとされている。

 

最愛の妻のそばに埋葬される

 

故・ブッシュ氏は共和党員ではあったが民主党にも友人がおり、大統領に就任してからは民主党の意見にも耳を傾けるなど、政党の壁を超えた政権運営の術を身に着けていたという。

 

大統領職を退いてからも、民主党のビル・クリントン元大統領と親交を深め、お互いに尊敬し合っていたそうだ。

 

ブッシュ元大統領はかねてから、亡くなった最愛の妻、バーバラ夫人のそばに埋葬されることを希望しており、その場所には亡くなった娘のRobinさんも眠っているという。

 

娘のRobinさんは3歳の時に白血病によって死亡。当時、ブッシュ元大統領夫妻は嘆き悲しんだと言われている。ご冥福をお祈りしたい。(了)

 

 

参考:ABC News:President George H.W. Bush laid to rest next to wife, daughter(12/6)

Return Top