Switch news

知っておきたい世界のニュース

アイスランドで週4日労働の実験に成功、多くの職場で生産性を維持、または向上

アイスランドで週4日労働の実験に成功、多くの職場で生産性を維持、または向上
flickr_Chris Yunker

アイスランドで週4日労働の実験が行われ、良好な結果が得られたという。

 

週休3日、4日労働を試験的に導入

 

この実験は2015年から2019年にかけて、首都レイキャビクの市議会や政府によって推し進められ、主に公共部門の労働者が参加したという。

 

そして対象となった労働者は同じ給料で週4日の労働を行ったそうだ。

 

この結果、大多数の職場で生産性は同じままか、もしくは向上したと研究者は述べている。

 

このような実験は、スペインやニュージーランドの「ユニリーバ」など、世界各地で行われているという。「ユニリーバ」では給与に影響を与えず、労働時間を20%削減する機会をスタッフに与えている。

 

週35~36時間に変わる

 

アイスランドでの実験では、最終的に2500人の労働者が参加。この数字は、アイスランドの労働人口の1%にあたる。

 

イギリスのシンクタンク「Autonomy」とアイスランドの「Association for Sustainable Democracy(Alda)」の研究者によると、参加した労働者の多くは、週40時間の労働から、週35~36時間の労働に切り替えられたという。

 

またこの実験により、労働組合は労働パターンの再交渉を行うようになり、現在ではアイスランドの労働者の86%が同じ給料で時短勤務に移行したか、またはその権利を得る予定だとされている。

 

健康やバランスも改善

 

より短い時間で働いた労働者は、ストレスや「燃え尽き症候群」のリスクを感じなくなり、健康や「仕事と生活」のバランスも改善したと報告しているという。

 

「Autonomy」のWill Stronge氏は、次のように語っている。

 

「この研究は、公共部門における世界最大規模の週4日労働の試みが、あらゆる意味で圧倒的な成功を収めたことを示しています。これは、公共部門が週4日労働の先駆者となるにふさわしいことを示しており、他の政府にとっても教訓となるでしょう」(了)

 

出典元:BBC:Four-day week ‘an overwhelming success’ in Iceland(7/5)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top