Switch news

知っておきたい世界のニュース

アイスランドの総選挙で女性議員が多く当選、議会の半数に迫る

アイスランドの総選挙で女性議員が多く当選、議会の半数に迫る
flickr_biologyfishman

先日、アイスランドで総選挙が行われ、以前よりも女性議員が多く当選したが、国の議会においては過半数に届かなかった。

 

当初の選挙結果では、女性が過半数を超えた

 

アイスランドでは9月26日に総選挙が行われ、以前と比べ6人多く女性議員が当選し、議会内においても63議席中、30議席(47.6%)が女性で占められた。

 

もっとも当初の選挙結果では、女性議員が33議席(52%)を占めたという結果が出され、ヨーロッパで初めて、女性議員が議会の多数派になったと報じられた。

 

しかし票の数え直しが行われ、女性が多数派になるには、僅かに及ばない結果になったという。

 

世界で最も男女平等が進んだ国

 

アイスランドでは他の国とは異なり、議会での女性議員の割り当ては法律で定められていないという。ただし政党の中には、女性候補者の最低人数を決めている所もあるそうだ。

 

またアイスランドは以前から、男女平等を進める国のリーダー的存在と考えられ、世界経済フォーラムの報告でも、12年連続世界で最も男女が平等な国として選出されている。

 

また育児休暇は男性も女性も認められ、1961年からすでに男女同一賃金の法律を導入。1980年には世界で初めて女性大統領を選出したという。

 

他の国における女性議員の割合とは

 

ヨーロッパにおいて、今回のアイスランドに次いで女性議員の割合が多いのがスウェーデンで、47%となっている。

 

一方、世界で見ると女性議員が過半数を超えている国は5カ国あり、アフリカのルワンダでは、下院での女性議員の割合が61.3%、キューバでは53.4%、ニカラグアでは50.6%、アラブ首長国連邦とメキシコでは50%となっている。

 

またイギリスの下院では女性議員の割合が34.2%、アメリカの下院でも27.6%にとどまっているという。(了)

 

出典元:BBC:Iceland misses out on Europe’s first female-majority parliament after recount(9/26)

記事が気に入ったら、ツイッターで
Switch Newsをフォローしよう!

ニュースレターの配信を始めました!

1日1回、新着ニュースをまとめて、メールでお送りしています。

形式など詳しいことは、こちらの「 ニュースレターについて 」をご覧ください。

スパムを送信したり、メールアドレスを共有したりすることは決してありません。
詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

Return Top