Switch news




シドニーで嵐の前に目撃された不思議な雲、緑色の光を放つ姿が美しい

シドニーで嵐の前に目撃された不思議な雲、緑色の光を放つ姿が美しい
Facebook/Chad Ajamian

先日、オーストラリアで大きな雹が降り注いだが、その前には上空に緑色の雲が出現したとして、注目を集めている。

 

さまざまな説がネットに流れる

 

この雲は12月20日の昼頃、シドニー上空に浮かんでいるのが目撃され、カメラに収められたという。

 

その後、この雲の原因をめぐり、ネットではさまざまな説が流されたそうだ。

 

そのうちの1つは、草から放たれた光が嵐を通して雲に反射し、緑色に映ったという説。

 

もう1つの説は、暖かい午後の光と雲との間のコントラストによって、緑色に映ったというもの。

 

しかしながらMonash大学のJoshua Soderholm博士は、両方の説を否定した。

 

Facebook/Chad Ajamian
Facebook/Chad Ajamian

嵐がフィルターの役目を果たす?

 

博士によれば、最も可能性が高いのは、嵐がフィルターの役割を果たした説だという。

 

実際に嵐はある波長の光をフィルターで漉し取り、今回の場合は通過した波長の1つが緑色だったと考えられているようだ。博士は次のように述べている。

 

「私自身、これまでも数多くのケースを見てきました。それらのケースでは光が雲を通って現れているのは明らかです」

 

嵐や雹とのつながりもある

 

また博士によれば、多くの気象学者も緑色の雲が、先日降った雹の前触れになっていると考えており、強烈なスーパーセル(超巨大積乱雲)と呼ばれる嵐と緑色の光との間にもつながりがあるという。

 

これまで記録された資料や、博士が実際に目撃した経験においても、強烈な嵐の時にこの緑色の現象が現れ、しばしば嵐の上昇気流の地点で緑の光が見られるとか。

 

「それはまるで嵐の頂上から、上昇気流を通り光が輝いているようなものです。また光は上昇気流にある雹や雨を通過する途中で、漉されていくのです。そのため通過した光の色と、雨や雹の量との間には間違いなく関係があります」

 

 

しかしなぜ緑色なのかという点については、まだ多くの謎が残っており、確実に証明するのは非常に困難だとも語っている。(了)

 

 

出典元:ABC net:Green thunderstorms: there have been many theories behind the mysterious glow(12/21)

Return Top