Switch news

知っておきたい世界のニュース

宇宙に浮かぶ小惑星の大きさをマンハッタンと比較した動画に驚き

宇宙に浮かぶ小惑星の大きさをマンハッタンと比較した動画に驚き
YouTube/ MetaBallStudios

地球の周囲には多くの小惑星が浮遊している。その中のいくつかは、確率は小さいながらも、地球に衝突するかもしれないと言われている。

 

例えばNASA(アメリカ航空宇宙局)は昨年、天体の地球衝突問題をテーマにした国際会議で、横幅60mの小惑星がニューヨーク・マンハッタンに落ちたと想定したシナリオを発表した。それによると、衝突時のエネルギーは、広島に落とされた原爆の1千倍にもなるらしい。

 

ところで、こんな小惑星の大きさは実際どの程度なのか? それを実感できる面白い映像が、YouTubeで公開されている。作ったのは3DアニメーターのAlvaro Gracia Montoyaさんという人。(NASAではない)

 

さまざまな小惑星をマンハッタンと比較

 

小惑星には平均直径が数メートルから数百キロメートルのものまで、大小さまざまある。Montoyaさんはそれを小さい順に並べ、動画の中で、マンハッタンの街と比較する。

 

YouTube/ MetaBallStudios
YouTube/ MetaBallStudios

 

それぞれの小惑星の横に書かれているのは、小惑星番号と名称、そして平均直径(mean diameter)。小惑星が大きくなるにつれ、マンハッタンの街が小さく見えるようになる。

 

YouTube/ MetaBallStudios
YouTube/ MetaBallStudios

動画制作に1ヵ月

 

Montoyaさんが運営する「MetaBallStudios」というYouTubeチャンネルは、いろいろなモノの規模を比較する動画に特化している。動物や宇宙ロケット、人口増加率、石油備蓄量などが、分かりやすい3D映像で比較されている。

 

海外メディアの取材を受けたMontoyaさんは、小惑星の衝突についてどう思うかと尋ねられ、「私たちはすでに他の問題を多く抱えているので、小惑星の心配をしている場合ではないと思う」と語っている。(了)

 

出典元:boredpanda:Here’s How The Size Of Asteroids Compares To New York City(2/26)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top