Switch news

知っておきたい世界のニュース

新型コロナ感染を防ぐ鼻腔用スプレー?「すぐにも供給できる」と英バーミンガム大学

新型コロナ感染を防ぐ鼻腔用スプレー?「すぐにも供給できる」と英バーミンガム大学
bioRxiv

イギリス・バーミンガム大学の研究者グループが、新型コロナウイルスに感染しにくくなるという鼻腔用スプレーを開発した。

 

主成分は食品添加物として認可済み

 

そのスプレーの主成分は、多くの国で食品添加物としてすでに認可されている多糖類、ゲランガム(gellan gum)とカラギーナン(carrageenan)。そのため新たな認可に手間取らず、すぐにも生産を開始できるらしい。研究グループのリーダーであるRichard Moakes教授は、海外メディアにこう話す。

 

このスプレーは、すでに食品や薬に使われていて、いつでも手に入るものから作られています。私たちは意図的にそうしました。どういうことかというと、生産を請け負ってくれる会社さえあれば、数週間のうちに大量生産を始められるということなのです。

 

ウイルスを包み込む

 

このスプレーは鼻腔(鼻の奥の空洞)に広がり、粘膜を広く覆ってウイルスを待ち受ける。そこにウイルスがやってくると、成分である多糖類が荷電の違いを利用してウイルスに密着し、全体を包み込んでしまう。そうなるとウイルスは細胞に取りつけず、人体に侵入することができない。

 

公開されている査読前の論文によると、このスプレーを実験用細胞に用いたところ、最長48時間、新型コロナウイルスの感染を防げたとのことだ。

 

人による臨床テストは行われていないが、実際にこれを使えば感染防止に役立つだろうと研究者たちは考えている。また、すでに感染している人が使えば、その人が放出するウイルスが多糖体に包まれ、感染力が弱まるそうだ。

 

論文中には、役立つ使用場面として学校の教室や飛行機の中など、密を避けられない場所が挙がっている。また、医療現場など感染の危険性が高い場所でも効果が期待されている。

 

なお、この鼻腔用スプレーは鼻からの感染を防ぐもので、口や目からの感染に対しては効果がない。そのため「マスクの着用や手洗いは、感染拡大防止のために相変わらず重要」と、Moakes教授は言う。(了)

 

出典元:bioRxiv:Formulation of a composite nasal spray enabling enhanced surface coverage and prophylaxis of SARS-COV-2(11/18)

出典元:News Medical:Carrageenan-based composite nasal spray may help prevent SARS-CoV-2 infection(11/19)

出典元:MailOnline:Anti-COVID-19 nasal spray that protects against coronavirus infection for up to 48 hours is ‘ready for use in humans’ and could be mass produced in WEEKS, scientists claim(11/20)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top