Switch news

知っておきたい世界のニュース

縄跳びしたり、衣類を片付けたり…「Spot」の新たな動画を公開

縄跳びしたり、衣類を片付けたり…「Spot」の新たな動画を公開
YouTube/Boston Dynamics

ボストン・ダイナミクスが新しい動画をYouTubeで公開し、日常の中でロボットがどう活躍するのかが示された。

 

引っかかることなく縄跳びを続ける

 

この動画の中で登場するのは、4足歩行ロボットの「Spot」だ。

 

まず紹介されているのが、「Spot」が林の中に落ちている物体をアームで回収したり、リビングルームの床に落ちている衣類を掴んで、背中のカゴに入れたりする様子だ。

 

次の場面では、アームのついた2体の「Spot」が縄を回し、中央のロボットが引っかかることなく、正確に「縄跳び」をする様子が映っていた。

 

さらに「Spot」がアームでドアノブを捻り、ドアを開けて部屋に入っていく様子や、レバーを引き上げて照明を点けることなど、他にもさまざまな機能が紹介されている。

 

体の動きは自動的に調整されている

 

YouTubeの説明によれば、「Spot」の手や腕、体の動きは、操作性を簡素化させるために、自動的に全てが調整されるようになっているという。

 

またここで示されている動作は、ユーザーがリモート操作できるタブレットと同時に、モバイル操作用の新しいAPIを使い、プログラムされているそうだ。

 

またもう1つの動画では、「Spot」がプラント内部に入っていき、人間の代わりにパトロールし、検査やモニターをする様子も映っている。

 

「Spot」は起伏の多い地形の移動、360度にわたる障害物の回避、さまざまなレベルのナビゲーション、リモートコントロールができるという。

 

また専用のセンサー、ソフトウェア、その他のペイロードを追加することでカスタマイズでき、すでに建設現場を監視し、ガス・石油・電力設備などで遠隔検査を行えるよう数年前からテストを行い、現在は稼働もしているそうだ。(了)

 

 

出典元:Boston Dynamics:Spot’s Got an Arm!(2/2)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top