Switch news

World News Odyssey

Pickup

7カ月も空港で過ごしてきたシリア難民、ついにカナダへの移住が許される

7カ月も空港で過ごしてきたシリア難民、ついにカナダへの移住が許される
Twitter/Hassan Al Kontar

マレーシアのクアラルンプールの空港で、長い間足止めされてきた男性が母国へ強制送還されず、カナダへ移住出来ることとなり、注目を集めている。

 

空港職員が食事を提供

 

その男性とはシリア人のHassan Al Kontarさん(37)。彼は今年の2月にトルコやエクアドルへ向かう飛行機に乗ろうとしていたが、搭乗許可が下りなかったという。

 

またカンボジアやマレーシアの入国も認められなかったため、以来7カ月も空港の到着ロビーで過ごしてきたそうだ。

 

彼はレストランやお店のない空港内にいなければならず、吹き抜けの階段で眠り、障がい者用のトイレでシャワーを浴び、食事を寄付してくれる空港職員の寛大さに頼らざるを得なかったとされている。

 

 

しかし今回、難民の支援団体「British Columbia Muslim Association」や「Canada Caring Society」などの働きかけによってカナダへの入国が認められ、バンクーバーに向かうことになった。

 

これまでの経緯とは?

 

Kontarさんはシリアで内戦が勃発した2011年まで、アラブ首長国連邦にある保険会社でずっと働いてきたという。

 

このためパスポートを更新する必要があったが、母国のシリアに戻れば逮捕されるか、もしくは軍隊に参加させられる可能性があったため、帰国を希望していなかったそうだ。

 

その結果、アラブ首長国連邦において違法に滞在していたとして、2016年には逮捕されることに。2017年になんとか新しいパスポートを手に入れるも、マレーシアへ国外退去されられてしまう。

 

マレーシアはシリア人に対し、ビザなしで入国許可を与えていた数少ない国の1つで、Kontarさんには3カ月の観光ビザが与えられたという。

 

それが満期になった時、彼はトルコへ向かおうとするも、飛行機への搭乗が許されず、やむなくカンボジアへ。しかしそこからもマレーシアへ送り返されたとか。

 

ビデオで多くのフォロワーを獲得

 

マレーシアの空港での滞在を余儀なくされてから、Kontarさんはしばしばビデオ日記をネット上に投稿し、自らが置かれた状況のバカバカしさを訴えていた。

 

 

その結果、ネット上で多くのフォロワーを獲得。中にはカナダのWhistlerに住み、「Canada Caring Society」のボランティアをしているLaurie Cooperさんもいたとされている。

 

やがてCooperさんは、友人のグループと共にKontarさんと連絡を取った後、カナダの出入国担当大臣に請願書を提出。Kontarさんがカナダに定住できるよう願い出たそうだ。

 

またCooperさんらはクラウドファンディングも開設し、カナダで難民らが個人的に定住できるのに必要なお金、1万3600カナダドル(約116万円)以上を集めることに成功した。

 

しかしその後、これまでの努力が水の泡に終わりかねない事態が発生する。

 

当局が彼を逮捕、強制送還も

 

先月、マレーシア当局はなんとKontarさんを逮捕し、シリアへ強制送還する可能性を示唆したという。

 

しかも彼は拘置所で2カ月間過ごすことになり、家族や弁護士、支援者までもがKontarさんと連絡が取れない事態に。

 

しかしその後、カナダの領事館員が定住できるよう手配し、この結果Kontarさんは解放され、カナダへ向かうことが可能になったそうだ。

 

そして11月25日、KontarさんはCooperさんにメールを送信。現在、カナダのバンクーバーへ向かっていると伝えたそうだ。

 

またKontarさんは経由地の台湾の空港から、ビデオで次のように述べている。

 

「僕は明日、最終目的地であるカナダのバンクーバーに到着するだろう。僕には家族の助けや、友人、弁護士の助けがなかったら、何もできなかっただろう。みんなありがとう。みんな愛しているよ」

 

 

その後、彼はカナダに無事到着。Cooperさんや仲間と会い、無事を喜び、お互いに抱きしめ合ったとされている。(了)

 

出典元:The Guardian:Syrian refugee stranded in airport for months is granted asylum in Canada(11/26)

出典元:BBC:Syrian man stranded in Malaysia airport coming to Canada(11/27)

Return Top