Switch news

知っておきたい世界のニュース

NASAが「パーサヴィアランス」の着陸する映像を公開、火星の地面が近づく様子が撮影される

NASAが「パーサヴィアランス」の着陸する映像を公開、火星の地面が近づく様子が撮影される
YouTube/NASA

NASAの新しい探査ローバーが火星に着陸する瞬間をとらえた動画や、パノラマ画像などが公開された。

 

ジェットパックで地表に接近

 

NASAの火星探査ローバー「パーサヴィアランス」は2月18日、火星への着陸に成功した。

 

NASAは昨日、「パーサヴィアランス」が撮影した火星のカラー映像を公開。さらに今回、着陸時の動画を公開した。

 

動画は、着陸地点に飛ばすロケット駆動の「ジェットパック」やローバー自身に取り付けられていたカメラで撮影され、そこにはパラシュートが開く姿や、火星の地表が近づいていく様子が鮮明に映っていた。(最初に落下していく円盤状のものは熱シールド)

 

 

下は、着陸の様子をシミュレートした動画。参考として。

 

 

こちらは火星のパノラマ画像。360℃動かせる。

 

回収したサンプルは地球へ送られる

 

「パーサヴィアランス」の大きさは乗用車ほど。今回の主なミッションは、火星に存在していた可能性のある微生物などの痕跡を探ることだ。

 


そのためこのローバーは、ドリルを使用して岩石と土壌のサンプルを収集。円筒形の容器にコア・サンプルを保管して、2030年代初頭に約30個のサンプルを地球に持ち込むための帰還ミッションに備えるという。

 

また「パーサヴィアランス」は将来、宇宙飛行士が火星を訪れた時に役立つ技術を試す。これらには、火星の大気から酸素を生成する方法のテストや、地下水などの他の資源の特定、着陸技術の改善が含まれるそうだ。

 

さらにまた、火星に住み、火星で働く将来の宇宙飛行士に影響を与える可能性のある気象やその他の環境条件を調べる(特徴づける)と言われている。(了)

 

 

出典元:METRO:Incredible new footage shows moment Nasa rover touched down on Mars(2/22)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top