Switch news

知っておきたい世界のニュース

国別スマホ中毒ランキング、1位中国、2位サウジアラビア、日本は?

国別スマホ中毒ランキング、1位中国、2位サウジアラビア、日本は?
photo AC

若年層のスマートフォン中毒が酷いのはどこの国か。それを示すランキングが、最近、学術論文として発表された。日本でもスマホ中毒がよく問題にされるが、日本の順位はそれほど高くない。

 

カナダの大学が24カ国のデータを調査

 

カナダ・マギル大学の研究者グループは、スマホ中毒に関する過去の調査データーを幅広く集め、分析した。データは2014年〜2020年の7年間にわたるもの。調査対象となった国を合わせると24カ国、対象者の人数は合計で約3万4000人にもなる。

 

ところで、私たち一般人は、スマホばかり見ている人を何となくスマホ中毒と呼んでいるが、医学の世界では、SAS(Smartphone Addiction Scale)という尺度で客観的に中毒度を測る。ある人のSASを調べたいときは、その人に一連の質問をし、得られた回答に点数を付けて合計スコアを算出する。スコアが高いほど中毒は酷く、最低スコアは10、最高は60となる。

 

(日本でSASは「スマートフォン依存症スケール」「スマートフォン中毒尺度」などと呼ばれている。興味がある人はネット上で短縮版を試せる)

 

マギル大学がやったのは、過去の約3万4000人の調査データから、このSASスコアを国別に算出することだ。その結果、ワーストランキングは以下のようになった。(国名の後のカッコ内はSASスコア。中毒度最高は60、最低は10)

 

1位 中国 (36.18)
2位 サウジアラビア (35.73)
3位 マレーシア (35.43)
4位 ブラジル (32)
5位 韓国 (31.62)
6位 イラン (31.52)
7位 カナダ (31.11)
8位 トルコ (30.92)
9位 エジプト (29.54)
10位 ネパール (29.41)
11位 イタリア (28.82)
12位 オーストラリア (28.61)
13位 イスラエル (28.29)
14位 セルビア (28.16)
15位 日本 (27.71)
16位 イギリス (27.69)
17位 インド (27.2)
18位 アメリカ (26.68)
19位 ルーマニア (25.52)
20位 ナイジェリア (24.73)
21位 ベルギー (24.24)
22位 スイス (23.45)
23位 フランス (20.29)
24位 ドイツ (18.44)

 

スポンサーリンク

社会規範の違いが原因か

 

国によってスコアが違う理由は何か? これはまだ推測の域を出ないが、それぞれの国の社会規範の違いによるものではないか、と研究者たちは言っている。

 

例えば、人と頻繁に連絡を取り合うことをよしとする文化の国の人なら、当然、スマートフォンに接する機会は増えるだろう。順位が最も低い(中毒でない)のは、フランスとドイツだが、これらの国は「個人主義的で、人と人との繋がりがゆるいから」だと研究者は考えている。(了)

 

出典元:MailOnline:The countries with the highest rates of SMARTPHONE ADDICTION revealed – with China, Saudi Arabia and Malaysia topping the list(2/10)

出典元:Computers in Human Behavior:Smartphone addiction is increasing across the world: A meta-analysis of 24 countries

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top