Switch news

知っておきたい世界のニュース

仏「セザール賞」授賞式で女優が政府に抗議、全裸になり新型コロナ対策を批判

仏「セザール賞」授賞式で女優が政府に抗議、全裸になり新型コロナ対策を批判
Twitter/CANAL+

フランス映画の授賞式で、ある女優が政府の新型コロナウイルス対策に抗議するため、ステージ上で全裸になった。

 

突然、ステージ上で全裸に

 

その女優とは、映画『アムール、愛の法廷』『マルティニークからの祈り』などに出演してきた、Corinne Masieroさん(57)だ。

 

彼女は3月12日にパリで開催された第46回「セザール賞」授賞式に、プレゼンターとして出席。

 

最優秀衣装デザイン賞を授与するためにステージに上がったのだが、頭にはロバの被り物を付け、血のように赤く染まったドレスを着ていたという。

 

そして突然、ステージ上でドレスを脱ぎ始め、全裸になってしまった。彼女の体には「文化がなければ、未来もない」という言葉が書かれていたそうだ。

 

さらに後ろを向くと、背中には「Jean、私たちに芸術を返して!」と記されていた。この「Jean」というのは、フランスのJean Castex首相のこととされている。

 

Twitter/CANAL+
Twitter/CANAL+
Twitter/CANAL+

他の受賞者も苦境を語る

 

フランスでは新型コロナ対策のために、すでに3カ月以上も映画館が閉鎖されており、劇場なども営業ができなくなっているという。

 

このためMasieroさんは「わたしたちはまったく何も身につけていない状態です」と訴え、パリのオデオン座で抗議活動をしている俳優たちを支援すると表明した。

 

また授賞式ではMasieroさんだけでなく、他の受賞者たちも映画館が閉鎖されていることによる苦境を語り、政府に対して同じような抗議の声を上げたという。

 

実は昨年の12月にもパリや他の都市で、何百人もの俳優、演出家、ミュージシャン、映画技術者、批評家などがデモを行い、政府による文化施設の閉鎖に抗議したそうだ。(了)

 

 

出典元:BBC:Corinne Masiero: Actress protests naked at ‘French Oscars’ ceremony(3/13)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top