Switch news

知っておきたい世界のニュース

精液を入れた注射器を女性に刺した犯人、犯行現場が映像に残り有罪判決【アメリカ】

精液を入れた注射器を女性に刺した犯人、犯行現場が映像に残り有罪判決【アメリカ】
Facebook/Anne Arundel County Police Department

自身の精液を注射器に入れ、食料品店で買い物をする女性客の臀部を刺す——こんな異常な罪を犯した男性が、今月、裁判で有罪となり、懲役10年を言い渡された。

 

犯行現場を捉えた監視カメラの映像が警察のフェイスブックに掲載されており、SNSで話題になっていると報じられている。

 

背後から近づき針を刺す

 

その事件は昨年2月、アメリカ・メリーランド州のローカルな食料品店チェーン「Christopher’s Fine Foods」で起こった。

 

監視カメラの映像には、カート置き場にカートを戻そうとする被害者女性・Katie Petersさんと、その背後に張り付くように歩く犯人・Thomas Stemen(52才)が映っている。

 

Stemenはポケットから精液の入った注射器を取り出し、素早く被害者の臀部に刺す。刺された女性は、男が持ったタバコの火で火傷したと思い込み、そう言って男に抗議したという。すると男は、「ああ、蜂に刺されたみたいだろ?」と答えたそうだ。

 

Facebook/Anne Arundel County Police Department

 

Facebook/Anne Arundel County Police Department

 

帰宅後に女性は小さな刺し傷を見つけ、翌日になってそれが腫れたため病院で手当を受けたと報じられている。

 

精液入りの注射器が他にいくつも

 

事件のあったアナランデル郡の警察は、後日、監視カメラの映像をフェイスブックで公開。寄せられた情報がStemenの逮捕に繋がった。彼の車と自宅からは精液の入った注射器が複数個見つかり、鑑識の結果、精液のDNAはStemenのものと一致したそうだ。

 

郡裁判所は今月、Stemenを懲役10年の刑に処した。訴追したAnne Colt Leitess州検事は、メディアにこう話している。

 

「被告人の行為は本当にゾッとするようなものです。彼は、無防備な女性を襲うことを目的にして、意図的に、私たちの公共の場に出て来ていたのです」

 

StemenはPetersさんの他にも2人の女性(そのうち1人は17才)に襲いかかっており、その様子も監視カメラに残っているらしい。また、罪状は不明だが、彼には複数の前科があると報じられている。(了)

 

出典元:USA Today:Man who stabbed woman with semen-filled syringe at grocery store gets 10 years in prison(9/13)

出典元:Zee News:Bizarre! US woman attacked with semen-filled syringe, incident caught on camera, attacker jailed(9/13)

Return Top