Switch news

知っておきたい世界のニュース

古代生物の命を奪った謎の沼地、カエルが交尾中に大量死か?

古代生物の命を奪った謎の沼地、カエルが交尾中に大量死か?
Wiley Online Library

ドイツにある古代の沼地で、数多くの生物の化石が発見されているのをご存じだろうか。

 

鳥や馬、コウモリ、魚の命も奪う

 

その化石の調査をしたのは、アイルランドにあるユニバーシティ・カレッジ・コーク(UCC)の古生物学者らだ。

 

彼らはドイツ中央部のガイゼルタール地域にある、約4500万年前の古代の沼地を調査。その結果、死んだ数百匹のカエルの化石を発見したという。

 

しかもこの沼地は、鳥や馬、コウモリ、魚、そして数百匹のカエルを含む5万匹以上の古代生物の命を奪ったと考えられている。

 

スポンサーリンク

カエルの死の原因は謎だった

 

約5000万年前の始新世の中期、地球はより温暖で、ガイゼルタール周辺は湿地の亜熱帯林だったと考えられ、馬の祖先や大きなワニ、巨大なヘビ、トカゲ、地面に住む鳥、カエルの仲間である無尾目の生物などが多く住んでいたという。

 

またこれまでの研究では、ガイゼルタールのカエルは、湖の乾燥や水中の酸素欠乏で死んだと考えられてきたそうだ。

 

しかし、実際に何が多くのカエルを殺したのかについては、これまで長い間謎だったという。

 

Wiley Online Library
スポンサーリンク

水中で交尾中に死亡か?

 

UCCの研究チームは、カエルの化石の骨を研究することによって、その理由の選択肢を絞り込むことができた。UCC研究員で研究リーダーであるダニエル・フォーク氏は、次のように語っている。

 

「私たちが知る限り、カエルの化石は死んだ時には健康でしたし、骨には捕食者などの痕跡はありませんでした。さらに、ガイゼンタールのカエルの化石のほとんどは、一生を陸上で過ごし、繁殖のためだけに水中に戻ってくる種であることもわかりました。消去法で考えると、交尾中に死んだという説明しか成り立ちません」

 

スポンサーリンク

現代のカエルにも起きる現象

 

実は、このような現象は、現代のカエルによく見られるものだという。実際にメスのカエルは、1匹以上のオスによって水没させられることが多いため、溺れる危険性が高くなるそうだ。

 

主任研究者のマリア・マクナマラ教授は、次のように語っている。

 

「これは、短い爆発的な繁殖期に、集団で交尾を行う種でしばしば起こります。このことは、現代のカエルの交尾行動が非常に古く、少なくとも4500万年前から行われていたことを示唆しています」(了)

 

出典元:Eurek Alert:Ancient swamp is sex death trap for fossil frogs(7/6)

記事が気に入ったら
Switch Newsをフォローしよう!


Return Top