Switch news

World News Odyssey

安楽死

Tagged

Pickup

自らの命を絶つため104歳の男性がスイスへ旅立つ、豪で安楽死を巡り議論に

自らの命を絶つため104歳の男性がスイスへ旅立つ、豪で安楽死を巡り議論に

104歳になるオーストラリア人男性が自ら死ぬために、安楽死が許されるスイスへ旅立ったとして、議論が起きている。 自殺幇助が許されるスイスへ旅立つ その男性とは、今年4月4日に104歳になったDavid Goodallさん。彼はオーストラリア人の自然科学者で、もはや生きる意味を失ったとして、かねてから...
自分を捨てた飼い主の元へ19キロも歩いて戻った猫、再び幸せを手に入れる

自分を捨てた飼い主の元へ19キロも歩いて戻った猫、再び幸せを手に入れる

アメリカで飼い主から捨てられても、長い距離を歩いて戻った哀れなネコが話題となっている。 原因は他のネコと喧嘩をしてしまうため その猫とはノースカロライナ州に住む「Toby」。年齢は7歳と見られ、飼い主の下では他のネコと一緒に暮らしていたという。 しかしもともと野良猫だった「Toby」は他の...
2つの顔を持って生まれた子猫、安楽死をまぬがれ元気に成長中

2つの顔を持って生まれた子猫、安楽死をまぬがれ元気に成長中

南アフリカで顔が2つある可愛らしい子猫が生まれ、現在も成長を続けているとして、注目されている。 2つの口と鼻、3つの目を持つ猫 その子猫とはメスの「Bettie Bee」。12月12日に他の2匹の赤ん坊と一緒に生まれたのだが、「Bettie Bee」だけは、2つの顔を持ち、2つの口と2つの鼻、そして...
突然、2階のベランダにアリゲーター、泥棒と思っていた家主もびっくり

突然、2階のベランダにアリゲーター、泥棒と思っていた家主もびっくり

アメリカで2階のベランダに突然、大きなアリゲーターが出現するという事態が発生した。●家具の間に横たわっていた その出来事が起きたのは、サウスカロライナ州のマウントプレザントという町にあるPolstonさん夫婦の家。 Steve PolstonさんとSusieさん夫婦によれば、最初は2階で物音がしたため泥棒が侵入したと考...
保護施設のスタッフが自殺してから約1年、台湾で動物の殺処分が禁止される

保護施設のスタッフが自殺してから約1年、台湾で動物の殺処分が禁止される

台湾で先日、保護施設に預けられている動物の殺処分が禁止され、注目されている。●準備期間中に殺処分を苦に自殺 2月4日、台湾当局は保護施設に預けられている動物の殺処分を禁止し、さらにペットを捨てる人には最大で1万4000円を支払う義務を課すことを発表した。 殺処分の禁止法案は2年前に議会で可決されていたが、施設側への準備...
Return Top