Switch news

ミサの最中にやってきたかわいすぎる乱入者に、神父が神対応!

ミサの最中にやってきたかわいすぎる乱入者に、神父が神対応!
Facebook/Paróquia Nossa Senhora das Dores

Senhora das Dores教会は、ブラジルにあるローマンカトリックの教会だ。同教会は6月2日、とある乱入者によってミサの進行が妨げられたことをFacebookで報告した。

 

かわいすぎる乱入者

 

その乱入者がこちらだ。

 

Paróquia Nossa Senhora das Doresさんの投稿 2019年6月2日日曜日

 

神父のきれいに手入れされた衣装に絡みつく乱入者。その正体は…。

 

Paróquia Nossa Senhora das Doresさんの投稿 2019年6月2日日曜日

 

そう。神父と遊びたくてたまらないワンコだ。当時は、目の前に信者がいる日曜日恒例のミサの真っ最中。ワンコに悪気がないのはよくわかるが、神父も迷惑したのではないかと思ってしまう。しかし、そんな心配はないようだ。

 

Paróquia Nossa Senhora das Doresさんの投稿 2019年6月2日日曜日

 

度量の深さを感じさせる笑顔で、神父もこのハプニングを楽しんでいた。

 

その後は、片手にワンコ、片手にマイクでミサを続行した。

 

Paróquia Nossa Senhora das Doresさんの投稿 2019年6月2日日曜日

 

▼動画はこちらから

 

Paróquia Nossa Senhora das Doresさんの投稿 2019年6月2日日曜日

 

讃美歌と相まって、ワンコの元気の良さと神父の笑顔に癒されてしまう動画だ。

 

620万回以上再生

 

この動画は約3週間で620万回以上再生され、8万5000件近いシェアと、3万4000件以上のリアクションを受けた。

 

「心の純粋さが祝福されている」「美しい神父だ」「神が差し向けた天使だね」など、この光景に心打たれた人々からのコメントは、7500件を超えている。

 

飼い主はすぐに見つかった

 

ワンコを笑顔で迎えているのはJosé Geraldo Sobreira神父。この日のミサを取り仕切っていた人物だ。

 

 

海外メディアによると、祭壇上の彼の元に来るまでに花の飾りを壊してしまったりと、かなり暴れまわっていたようだが、神父は「この子は心の底から遊びたいみたいだね」と余裕を持って受け入れた。

 

 

ミサに参加していたホームレスがそのワンコを知っており、ワンコは無事に家に帰ることができた。ワンコの飼い主にはアルツハイマーがあり、玄関を開けておいたために、この子が外に出てしまったそうだ。

 

飼い主の娘は、ワンコが帰ってきたことに思わず「Thank God!(神様、ありがとう)」とつぶやいたという。ただ、ワンコが起こした騒ぎを知ったら、「Oh, my God」と呟いたことだろう。

 

 

出典元:The DODO「Priest Has Best Reaction After Playful Dog Crashes Church Service」(6/17)
出典元:The Bored Panda「Priest Has An Adorable Reaction To A Dog Who Crashed His Church Service

Return Top