消防車にまで駐車違反のシール!事情を知った住民が交通監視員に猛反発


どの国でも駐車禁止の取り締まりは厳しいようだが、イギリスでは消防車にまで違反シールが貼られ、物議を醸している。

 

特別な事情があり公務で駐車していた

 

そんな出来事があったのは、イングランド南東部にある西エセックス。そこにあるEast Grinstead消防署は、当時建物の改修工事を行っていたため、消防隊員らが体を鍛えるためのフィットネス・ジムが使えなかったという。

 

そのため隊員らは、やむなく同じ町のLittle King通りにある、フィットネス施設へ消防車で向かったとされている。

 

ところがトレーニングを終えて施設から出てみると、消防車両に駐車違反のシールが貼られていたそうだ。

 

Facebook/East Grinstead Fire Station

地元の住民らが駐禁の取り締まりに猛反発

 

消防隊員が体を鍛えるのは公務とされており、また彼らはいつでも出動できるようにと消防車両を通りに面した場所に、適切に駐車していたという。

 

そのため消防署はフェイスブックで「皆が自分の仕事をしていることを理解し、感謝しており、このことは私たちの社会がいかに機能しているかを示すものです」と前置きをしながらも、自分たちの事情を説明しつつ、シールが貼られた消防車の写真を投稿した。

 

するとその投稿はたちまち拡散し、地元の住民らが消防署を擁護。逆に真面目すぎる駐車違反の取り締まりに猛反発したそうだ。

 

Facebook/East Grinstead Fire Station

「緊急車両は免除すべき!」

 

実際、フェイスブックユーザーのDebbie Beynon-Braileyさんは「すべての緊急車両は駐車禁止のチケットを免除されるべきだ。おいおい、交通監視員、あなたたちは本当に心がないのか」と怒りのコメント。

 

またAngela Brownさんも「確かに消防車は駐車禁止のチケットを免除されるべき。それに罰金も!これは愚かなこと!」と意見を述べている。

 

もっとも取り締まりを行った交通監視員は、消防車が警察だけに駐車が許された場所に停められており、消防隊員が公務中だったことは知らなかったという。そのため事情を知った後は、駐車禁止のチケットは取り下げると消防署に伝えたそうだ。

 

取り締まる方も事情が分からないことが多いと思うが、消防車にまでチケットを貼るとは、ちょっと行き過ぎたのかもしれない。(了)

 

出典元:METRO:Firefighters find parking ticket slapped on fire engine’s windscreen(5/8)

出典元:MailOnline:Firefighters who left their truck in a police bay are slapped with a PARKING FINE despite having permission to stop there(5/9)