米の人気ユーチューバーが青木ケ原樹海で撮影、自殺者の動画を公開し謝罪

YouTube/Random Videos

有名なYouTuberが、自殺者が多い森で撮影を行い、遺体の動画を公開したとして批判を浴びている。

 

青木ケ原樹海での遺体の動画を公開

 

そのYouTuberとは、アメリカに住むLogan Paul氏(22)。彼は先日、日本の青木ケ原樹海を探索。その時の様子を撮影し、動画を自身のアカウントで公開した。

 

動画のタイトルは「日本の自殺の森で死体を発見」。公開された映像には自殺したとみられる人間の体の一部が、フィルターをかけられずに、そのまま映っていたとされている。

 

その結果、多くの人々がPaul氏を非難。動画はその後、削除されたが、それまでに数百万人が視聴したとみられている。

 

樹海の奥へ進んでいく様子を撮影

 

公開された動画は、最初日本を訪れたPaul氏と友人が東京で合流し、車で山梨県にある富士山の麓まで移動する場面が写っている。

YouTube/Random Videos

やがて現場に到着すると、Paul氏はキャラクターの帽子をかぶり、友人とともに自殺者が多いとして知られている青木ケ原樹海の中へ。

YouTube/Random Videos

その後の映像にはPaul氏らが深い森の中を進んでいく様子が映っており、やがて自殺した人の遺体を発見する場面が捉えられていたという。

YouTube/Random Videos

YouTube/Random Videos

YouTube/Random Videos

YouTube/Random Videos

ネット上ではその後、多くの非難が殺到。

 

「気分が悪いよ。多くの若い人がお前を尊敬しているなんて信じられない。とても悲しい。お前は完全にクズだ」

 

「まったくリスペクトできない。彼の姿勢、そして成功するやり方が正しいとは思わないし、今日やった彼の行動はムカつく」

 

といった声が寄せられたという。

 

ネットを通じて正式に謝罪

 

多くの人々から非難を浴びたPaul氏は、動画を削除した後、ネットを通じて正式に謝罪。その中で彼は次のように述べている。(長文になるので抜粋する)

 

「私はこの動画を決して投稿すべきではありませんでした。カメラを下ろし、撮影をやめるべきでした。心の底から謝罪します。私はこの動画を見た人に謝りたいと思います。そして何よりも重要なこととして、自殺した人やその家族に謝罪したいと思っています。私は許されるとは思っていません。ただ謝りたいだけなのです」

 

Paul氏のYouTubeチャンネルには1500万人が登録しており、若者を中心に人気を博しているという。

 

彼が謝罪したことについては、アメリカやイギリスのメディアでも大きく取り上げられ、報道されている。(了)

 

出典元:METRO:Logan Paul admits he should never have posted sickening ‘suicide video’ in another apology(1/2)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でswitch newsをフォローしよう!