Switch news

母国スロベニアにメラニア夫人の像が完成!その出来栄えに住民も唖然

母国スロベニアにメラニア夫人の像が完成!その出来栄えに住民も唖然

アメリカ合衆国のファーストレディである、メラニア・トランプ夫人。彼女の像が母国スロベニア共和国でお披露目されるも、その出来栄えに多くの人々が呆れているという。

 

「これはカカシだ!」

 

メラニア夫人はスロベニア共和国のセブニツァで幼少期を過ごしたとされているが、7月5日には同地で彼女の像の除幕式が行われた。

 

その像は等身大で、2017年の大統領就任式の日に、水色の服を着ていたメラニア夫人を表したものだという。

 

そして像は左手を上げて、皆に手を振っている時の様子を描いたものとされている。

 

しかしこれを見た多くの人々が困惑。ネットでも「これはカカシだ!」といった批判が寄せられたそうだ。

 

パロディなら成功かも?

 

この像を制作したのは、アメリカ人のコンセプチュアル・アーティスト(前衛芸術家)であるBrad Downey氏。

 

彼によれば、この像は木でできており、チェーンソーを使って彫られたという。また地元の職人であるAles Zupevcさんに委託し、実際は彼に彫ってもらったそうだ。

 

そしてメラニア夫人のルーツを探るプロジェクトの一環として、この像を制作したと述べた上で、「確かに、外見の表現としては、足りないと思う人がいるかもしれないことは理解できる。しかし完成した彫像は絶対に美しい」と主張している。

 

しかし地元の住民で、建築を学ぶ学生のNikaさん(24)は、取材に対し次のようにコメントした。

 

「もしこのモニュメントをパロディにするつもりなら、アーティストは成功したと言えるでしょう。でもセブニツァにいる私たちには、ただこれを見て笑うしかありません。またトランプ大統領の破滅的な評判にも、両手で頭を抱えるしかありません」

 

一方、近隣のRoznoの街に住むKatarinaさん(66)は、モニュメントを作るアイディア自体は賛成のようだ。

 

「メラニアは、スロベニアのヒーローです。彼女はアメリカのトップに昇り詰めたのですから」

 

住民に愛されているメラニア夫人。前衛芸術とはいえ、地元の人々のためにもう少しうまく描くべきだったのかもしれない。(了)

 

 

出典元:The Guardian:‘Scarecrow’ statue of Melania Trump unveiled in Slovenia to mixed reviews(7/5)

Return Top