Switch news

イタリアで開催されたヨットレース、2000隻以上が集結した光景が壮観

イタリアで開催されたヨットレース、2000隻以上が集結した光景が壮観

イタリア北部で大規模なヨットレースが行われ、多くの船が集まる様子が撮影された。

 

1万5000人のヨットマンが参加

 

そのヨットレースとはイタリア北部で開催される、「Barcolana・レガッタ」だ。今回は10月13日に行われ、今年で50年目を迎える大会とされている。

 

そしてトリエステ湾には、2000隻以上のヨットが集結。オーストラリアやイギリス、アメリカ、韓国、中国、ウルグアイなどから1万5000人の船乗りが参加したという。

 

その写真はSNSでも多く公開されており、そこには無数の船が集まる壮観な眺めが映し出されている。

 

世界で最も規模の大きいレース

 

「Barcolana・レガッタ」は1969年に始められ、当時は51人の地元の人々が参加する非公式な大会だったそうだ。

 

しかし2018年には2689名が参加。アマチュアから世界クラスの操舵手まで参加する、世界で最も大規模なヨットレースとして、公式に認められているという。

 

 

スタートラインは第1次世界大戦で犠牲になった人々を追悼するため、1927年に建てられた像「Victory Lighthouse(勝利の灯台)」とされ、そこからMiramare城までの2マイル(約3.2km)に渡って、ヨットが並ぶと言われている。

 

レースは毎年10月の第2日曜日に行われ、今年は開催を祝すイベントで、環境問題についても話し合われたとか。

 

そして今回のレースでは、スロベニア出身のZan Luka ZelkoさんとフィンランドのGasper Vincecさんが乗った「Way of Life」号が、54分10秒で優勝したという。(了)

 

 

出典元:MailOnline:More than 2,000 boats and 15,000 sailors take to the seas off the coast of northern Italy to compete in the historic Barcolana Regatta(10/13)

出展元:AFLOAT:2,000 Boats & 15,000 Sailors Compete in Barcolana Regatta(10/14)

Return Top