Switch news

知っておきたい世界のニュース

“ヒトラーの教皇”とされたピウス12世、謎に満ちた第2次大戦中の記録を公開

“ヒトラーの教皇”とされたピウス12世、謎に満ちた第2次大戦中の記録を公開
Wikipedia Common

第二次大戦前後という激動の時代にローマ教皇を務め、ナチス政権下のドイツと条約を締結したことで知られるピウス12世。

 

彼の在任中のナチスやユダヤ人への対応には、これまでにも賛否両論が上がっていた。

 

そんなピウス12世のナチスにまつわる真実が、第二次大戦開始から80年以上もの歳月を経た今、明らかになろうとしている。

 

バチカンの目と鼻の先で起きた悲劇

 

1943年10月16日の土曜日。

 

ユダヤ教徒にとって聖なる日とされる安息日であるこの日、ローマを一ヶ月にもわたり占領していたナチスは、1000人以上ものユダヤ系イタリア人を一斉検挙し、トラックに乗せ収容所へと連れ去った。

 

バチカンから僅か数ブロックしか離れぬ地で起こったこの悲劇について、ピウス12世が口を開くことはなかった。

 

この際収容所へと連れ去られた人のうち生き残ることが出来たのは、たったの16人であったという。

 

ローマの町を占拠するドイツの戦車(Wikipedia Common)

真っ向から食い違う両者の主張

 

1939年から58年にかけてローマ教皇を務めたピウス12世は、このナチスによるユダヤ人虐殺について沈黙を保ち続けたことで、長く批判に曝されてきた。

 

それだけではなく彼を批判する者は、ピウス12世がナチスの残虐行為を止めようともしなかったとしている。

 

一方で彼の支持者らは、ピウス12世が数千人ものユダヤ人を救うため、秘密裏にヨーロッパ中のカトリック教会へと命令を下していたと主張する。

 

ピウス12世に対する認識は、両者で真っ向から食い違っているのだ。

 

ドイツでの式典に参加するピウス12世(Wikipedia Common)

 

それでは真実は一体どのようなものであったのだろうか。

 

その謎を解き明かすべく、バチカンは研究者に向けて当時の記録を公開するという決断を下した。

 

通常バチカンが教皇に関する記録を公開するのは、教皇が任期を終えてから70年が過ぎてからとなるが、ピウス12世が病気により死去し任期を終えたのは1958年のこと。

 

それからはまだ70年の月日が流れていないが、ホロコーストを生き延びた人々が生存するうちに記録を公開するよう、バチカンに対しては圧力がかかっていた。

 

そのような中で約1年前、この画期的ともいえる決定は行われていた。

 

現ローマ教皇を務めるフランシスコ氏は、この際に「教会は歴史を恐れない」とのメッセージを残している。

 

数百にも及ぶ手紙や電報等が含まれるというピウス12世に関わる記録は、今月2日から公開されているという。

 

バチカン図書館内部の様子(Wikipedia Common)

時代と共に変化してきたピウス12世に対する見方

 

ピウス12世に対する見方は、時代と共に変遷を遂げてきた側面があり複雑だ。

 

第二次大戦終結から間もない頃、ピウス12世はイスラエルの第5代目首相を務めたゴルダ・メイア氏をはじめとする世界のリーダーから、その功績を讃えられていた。

 

ところがそんな彼に対する評価が暗転し始めたのは、1960年代のこと。

 

1963年、ドイツの作家ロルフ・ホーホフートが戯曲『The Deputy』において、ピウス12世はナチスのホロコーストに対して沈黙を貫いたとして批判。

 

それに続くかのように英国のジャーナリスト、ジョン・コーンウェルが1999年『Hitler’s Pope』において、さらに米国のホロコーストを専門とする歴史家スーザン・ズコッティ が2000年『Under His Very Windows』においてピウス12世を糾弾。

 

今年の1月にも、米国のユダヤ映画祭「The Miami Jewish Film Festival 」において、ピウス12世がホロコーストからユダヤ人を救うため十分力を尽くしたか疑問を問うドキュメンタリー映画、『Holy Silence』が公開されており、近年における彼の評価はすこぶる悪くなっている。

 

ただこれらの批判について、バチカンで記録の管理などを行う役職にある人物の一人Johan Ickx氏は、“事実無根”であり、「彼は沈黙してなどは全くいなかった」としている。

 

第二次大戦の最中、ヒトラーと接見するローマ教皇使節(Wikipedia Common)

 

残念ながらバチカンが位置するイタリア国内は、新型コロナウイルスによる混乱の最中。

 

そのため中には現地に赴けず、今回公開された記録に何が記されているのか確認することが出来ずにいる各国研究機関も存在するようだ。

 

さらにバチカン当局によると、研究が始められたとしても、新たな結論が引き出されるまでには数年の歳月がかかるという。

 

この新型コロナウイルスの脅威が過ぎ去り、ピウス12世に関わる記録の全貌が明らかになる日が訪れるのを待ちたいところだ。(了)

 

出典:Washington Post:Pope Pius XII was silent during the Holocaust. Now Vatican records may reveal whether he collaborated with the Nazis.(3/3)

出典:Fox News:Vatican set to open Pope Pius XII’s secret WWII Archives(2/20)

出典:CNN:Vatican to open controversial WW2-era files on Pope Pius XII(3/2)

出典:Catholic News Agency:Scholar hopes Vatican archives will give ‘fuller, transparent’ picture of Pius XII(3/15)

出典:Passione:ナチ・ファシストからイタリアを解放、戦後の民主主義を担ったパルチザンたち:A.N.P.I.と現在(2018/12/12)

Return Top