Switch news

知っておきたい世界のニュース

【新型コロナ】第2次大戦以来、初めてウィンブルドン大会が中止へ

【新型コロナ】第2次大戦以来、初めてウィンブルドン大会が中止へ
Twitter/Wimbledon

テニスの4大大会の1つである「ウィンブルドン選手権大会」が、予定していた試合を中止すると公式に発表した。

 

1945年以来初めてのこと

 

「ウィンブルドン」の主催者である「オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ(AELTC)」は1日、感染が拡大している新型コロナウイルスの影響により、予定していたトーナメントを行わないと発表した。

 

トーナメントは今年の6月29日に開催される予定で、以前は主催者側も開催に前向きだったようだが、先週開かれた緊急会合で中止(延期)を決定したという。

 

「ウィンブルドン大会」が中止になるのは、第2次世界大戦が続いていた1945年以来初めてのこととされている。

 

来年の同じ時期に開催予定

 

また第134回目となる今回の大会は、約1年間延期され、2021年の6月28日から7月11日に開催される予定だという。

 

主催している「AELTC」は次のように語っている。

 

「私たちの心の中にある一番大切なことは、ウィンブルドンに集まってくれる全ての人々の安全と健康です。それらの人々とは、イギリス市民や世界各国からの観光客、私たちの選手たち、観客、メンバーやスタッフ、ボランティア、パートナー、契約企業、そして地元の人々など、全てです。また(私たちには)世界的に困難な状況に取り組んでいる社会の努力に対する、より広い責任もあります」

 

この決定を受けて、8回も大会を制覇しているロジャー・フェデラーは、「打ちのめされている」とツイート。

 

 

また前回女王のシモナ・ハレプ選手もツイッターで次のようにコメントとしている。

 

「今年ウィンブルドンが行われないと聞いて、とても悲しい。昨年の最終戦は、私の人生の中で、最も幸せな日として永遠に残り続けるでしょう。しかし私たちはテニスよりも大きなことを経験している。ウィンブルドンはまた戻ってくる! それはつまり、タイトル防衛を楽しみにする時間が長くなるということ」

 

 

現在、オリンピックやEuro2020も延期が決定しており、他にも多くのスポーツ大会が中止や延期を余儀なくされている。(了)

 

 

出典元:METRO:Wimbledon cancelled for first time since World War II due to coronavirus crisis(4/1)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top