Switch news

知っておきたい世界のニュース

腹痛を訴える男性患者の膀胱に、スマホ充電ケーブルが入っていた!

腹痛を訴える男性患者の膀胱に、スマホ充電ケーブルが入っていた!
Facebook/Wallie Islam

インド・アッサム州グワーハーティー病院を訪れた30代の男性患者。「ヘッドフォンを飲み込んでしまった」と訴える彼のお腹には、ヘッドフォンではなく、スマホの充電ケーブルが入っていた。しかもその場所は、胃でも腸でなく、なぜか膀胱の中。

 

手術を行ったWalliul Islam医師が、レントゲン写真と手術中の動画をFacebookで公開している。

 

「ヘッドフォンを飲み込んだ」という患者

 

激しい腹痛を訴えて病院を訪れたその男性患者は「ヘッドフォンを飲み込んだ」と言ったため、担当したIslam医師はすっかり信じてしまったようだ。彼に2日間下剤を飲ませた後、腸のごく狭い範囲を切り開く外科手術を行った。

 

ところが腸内には何もなく、それらしきものが入っているのは膀胱だと分かった。急遽、膀胱を切って異物を取り出してみると、それは長さ61cmほどのスマホ用充電ケーブル。プラグ部分が切断されたものだった。

 

Islam医師はFacebookに「手術でのサプライズ! 25年間手術し続けて来たが、今でもこんなことに驚かされ続けている」と書き、この男性のレントゲン写真や手術の場面をアップしている。

 

Wallie Islamさんの投稿 2020年6月3日水曜日

Wallie Islamさんの投稿 2020年6月3日水曜日

Wallie Islamさんの投稿 2020年6月3日水曜日

Wallie Islamさんの投稿 2020年6月3日水曜日

 

男性患者は後日、「ヘッドフォンを飲み込んだ」というのは嘘だったと認め、「医者の医学知識と手術の腕を試すために」嘘をついたと言っているそうだ。

 

どこから膀胱に?

 

この投稿を見た多くの人が同じ疑問を書き込んでいる。コードはどうやって膀胱に入ったのか?

 

それについて患者本人は口を閉ざしているが、考えられるルートは1つだけ。それはIslam医師も同意見で、「尿道から」と言っている。

 

この件を報じた海外メディアによれば、尿道に意図的に異物を挿入する行為を泌尿器科の用語で「Urethral sounding」といい、行為の目的はほとんどの場合「性的満足を得るため」であるとのこと。

 

手術は成功で、患者は元気になっているそうだ。Islam医師の投稿文の最後には、「この地球上にはどんなことでも有りうる、まったくその通りだ !」と書かれている。(了)

 

出典元:The Indian Express:Doctors extract cellphone charger from man’s urinary bladder after he complains of stomach pain(6/6)

出典元:Metro:Doctors remove mobile phone charger from man’s bladder(6/7)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top