Switch news

知っておきたい世界のニュース

「お前たち全員を憎むよう孫たちに教える!」白人女性が黒人たちに暴言

「お前たち全員を憎むよう孫たちに教える!」白人女性が黒人たちに暴言
YouTube/Heath Goetsch

アメリカのミズーリ州で、白人女性が黒人差別に抗議する人々に暴言を吐く場面が撮影され、その動画があまりにも酷いとして注目されている。

 

ストアの前で白人グループと口論

 

その出来事が起きたのは、6月21日、場所はBranson市にあるストア「Dixie Outfitters」の前だという。

 

当時、そのストアの前には、南部連合の旗を持った50人ほどの白人グループがおり、やがて黒人差別に抗議する運動「Black Lives Matter」の支援者と口論になったという。

 

そして1人の白人女性(Kathy Bennett)が、抗議デモに参加する人々に対し「お前たち全てを憎むよう、孫たちに教えるつもりだ」と暴言を吐いたそうだ。

 

市長もヘイトスピーチを非難

 

この白人女性はさらに南部連合の旗を広げて、自らの背中で揺らし、「ざまあみろ!」と叫んだという。

 

これに対し、黒人のデモ参加者は「憎悪は生きていく上で必要ない」と抗議したが、それに対し白人女性は白人至上主義団体「KKK」への忠誠を誓うような、拳を掲げる仕草をしたそうだ。

 

この時の動画は撮影され、やがて大きな反響を呼ぶことに。ネットでも「#Branson」というハッシュタグがランクイン入りし、ラッパーで俳優のIce Tさんも、Branson市長に対してこの白人女性のへイトスピーチを非難するよう訴えた。

 

Ed Akers市長もそれに応え、「Branson市は、どんなヘイトスピーチも容認しない」と声明を発表したという。

 

実は白人女性たちのグループは、ストアの「Dixie Outfitters」を守るために、その場に集まっていたと言われている。

 

というのも2015年に、この店のオーナーがかつて「KKK」のメンバーだった過去があると報道されてから、当時の「Black Lives Matter」運動で標的にされたからだ。

 

しかしBranson市では5月30日以来、7回も「Black Lives Matter」のデモが行われているが、今回はいずれも平和的に実施されてきたという。(了)

 

 

出典元:NYPost:Woman tells BLM supporter, ‘I will teach my grandkids to hate you all’(6/23)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top