Switch news

知っておきたい世界のニュース

トランプ大統領の指名受諾演説中、ホワイトハウス前で大規模デモ

トランプ大統領の指名受諾演説中、ホワイトハウス前で大規模デモ
Twitter/Garrett Haake

共和党の全国党大会で正式に大統領候補に指名されたトランプ大統領は8月27日、ホワイトハウスで指名受諾演説を行った。

 

しかしその外では、多くのデモ参加者が集まり、大統領の退陣を求めたという。

 

楽器を使って演説を邪魔しようと試みる

 

NBCによれば、8月27日の夜、ホワイトハウスの前には数百人のデモ参加者が集結。その時、ホワイトハウスの南側では、トランプ氏が大統領候補者の指名受諾演説を行おうとしていたという。

 

このデモはSNSの呼びかけで行われたもので、デモ参加者は笛やブブゼラなどさまざまな楽器や道具を使って大きな音を立て、トランプ大統領の指名受諾演説を邪魔しようと試みたそうだ。

 

ただすでに連邦警察がホワイトハウス周辺にフェンスを立てており、デモ参加者が近づけないようにしていたとか。

 

大統領の辞任を求める

 

それでも午後10時30分前、トランプ大統領の受諾演説が始まる少し前から、デモ参加者が笛や音楽を鳴らし始めたという。

 

またホワイトハウスの東側でも、デモ参加者が拡声器を使って叫び、またはトランペットやサイレンなどを鳴らして、抗議の意思を示したそうだ。

 

ホワイトハウスの外の街でも、平和的なデモが行われ、人々が「Black Lives Matter」と叫び、または「今すぐ出て行け!(TRUMP/PENCE#OUTNOW)」と書かれた横断幕を掲げ、トランプ大統領やペンス副大統領の辞任を求めたと言われている。

 

「ファシズムを拒否する」

 

そんな中でデモ参加者と、トランプ支持者との間で衝突も起き、警察は両者を引き離していたが、その後警察とデモ参加者との間も緊張状態になったという。

 

またホワイトハウス前の道路「Black Lives Matterプラザ」の前でも、150人ほどのデモ参加者が集まり、トランプ・ホテルに向かって行進。「ファシズムを拒否する(せよ)」といった声を上げ、「警察の予算を減らせ!」といった文字をスプレーで通りに書いたそうだ。

 

警察はこの時、交差点を封鎖し、デモ隊が安全に横断できるようにしたとか。

 

 

ホワイトハウス周辺のエリアでは、今までも黒人の人々に対する警察の暴力に異議を唱えるためにデモが行われてきた。

 

そして人々は、黒人男性のジョージ・フロイドさんや、黒人女性のブレオンナ・テイラーさんを殺した警官、そして背後からJacob Blakeさんを撃った警察官を起訴するよう訴え続けてきたという。(了)

 

 

出典元:Washington Post:Chants, marching and music in D.C. as demonstrators protest Trump speech(8/28)

出典元:NBC:Protesters gather outside the White House as Trump speaks to GOP convention(8/28)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top