Switch news

知っておきたい世界のニュース

ヘイト女性が投げつけてきたのは子犬!被害者が保護して幸せに

ヘイト女性が投げつけてきたのは子犬!被害者が保護して幸せに
Mulaflare/Twitter

ある一匹の子犬が、見知らぬ男性に保護されるまでの様子がTwitterに投稿された。

 

子犬を片手に絡んできた女性

 

10月9日(現地時間)、ラッパーのGlomulaはとんだ災難に見舞われた。自分の車に乗っていたところを、1人の女が立ちはだかったのだ。

 

 

Glomulaが思わず口にした「俺の車に触るんじゃない、ビッチ!」という言葉に逆上して、女は開いていた窓から手を出して、殴り掛かってくる。車から降りた後も、彼女の攻撃的な言動は止まらなかった。

 

女の「あんた、いくつなの?」という質問に、「あなたはいくつなんだ」と聞き返すと「邪悪なゴミ野郎」とさらに殴り掛かってくる始末だ。

 

気になるのは彼女が片手に抱いている犬だ。まるで洋服か何かのように掴んでいて、大切にしているようにはとても思えない。

 

Mulaflare/Twitter

子犬を投げつけてきた女性

 

その後も車に戻ろうとするのを、しつこく邪魔する女。Glomulaは「車に帰らせてよ!」と困った声を上げながらも、この状況を面白がっているように見える。しかし、女が発した「あんたは黒人だし」という言葉には一瞬沈黙している。

 

そして、「それはあんたの犬なのか?」と聞いた瞬間、女は驚くような行動に出た。子犬をGlomulaに向かって投げつけたのだ。

 

子犬は叫び声のような鳴き声を上げて地面に落下すると、Glomulaに走り寄り、足元に転がった。

 

Mulaflare/Twitter

 

最初から女には懐いていなかったのだろう。一度立ち去りかけた女がまた近づいてくると、おびえたような犬の鳴き声が一段と大きくなっている。

 

そのやり取りはこちらの動画で見ることができる。攻撃的なやり取りや犬が投げられる瞬間など、衝撃的な内容なので、苦手な方は要注意だ。

 

女性から子犬を守った

 

動画は女が子犬を取り返そうとしているところで終わっているが、Glomulaは子犬を守り切ったようだ。

 

子犬はムービーと名付けられ、Glomulaの新しい家族となった。

 

View this post on Instagram

My brother annoyin

A post shared by Movie🌟 (@movieflare) on

 

瞳孔が開いているように見えること、ろれつが回っていないことなどから、女はなんらかの薬物の影響下にあったように見える。Twitter上には、犬を投げたことへの怒りの声と同様に、彼女にも助けが必要だという声が上がっている。(了)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top