Switch news

知っておきたい世界のニュース

メキシコに突如、巨大な穴が出現、徐々に広がっていく

メキシコに突如、巨大な穴が出現、徐々に広がっていく
Twitter/Geól. Sergio Almazán

メキシコの大地に突然、巨大な穴があいているのが発見され、現在も広がり続けているという。

 

雷のような激しい音がして地面が崩れる

 

その穴が現れたのは5月29日、場所はメキシコ中部のPuebla州にある街、Santa Maria Zacatepecとされている。

 

この穴を発見したSanchezさんの家族によれば、29日に何かが衝突するような激しい音が聞こえたという。

 

当初は雷でも落ちたのかと思っていたが、その後自宅から数メートル離れた場所の地面が崩れ始めたそうだ。

 

その後、穴はどんどん広がっていき、中には水も溜まっていった。

 

直径80mまで大きくなる

 

5月30日の時点では穴の直径は30mほどだったが、31日になると直径が60mに。さらに6月1日には、80mにまで拡大したという。

 

しかも穴が拡大するにつれ、大きな土の塊が継続的に縁から崩れ落ち続けているそうだ。

 

穴はSanchezさんの家にも迫り、このままでは飲み込まれてしまう可能性があると言われている。

 

まだ原因は分かっていないが、科学者や当局は可能性として、地質学的な断層や土壌の水分量の変化などを考えているとか。

 

Puebla州のMiguel Barbosa知事は、「水の圧力がなくなるまで、自然が決めるまで穴は成長するだろう。今、重要なのは市民の安全だ」と述べ、被害を受けた人々に補償を行う考えを示したという。(了)

 

 

出典元:Bangkok Post:Huge sinkhole threatens to swallow Mexican home(6/2)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked" data-matched-content-rows-num="3" data-matched-content-columns-num="3" data-ad-format="autorelaxed">
Return Top